Full Epi

全身脱毛するならVIOは全剃りするのがおすすめ!そのワケとは

何年か前までは、デリケートゾーンの脱毛は“Vラインだけ”というのが一般的でしたが、今ではIライン・Oラインも脱毛するのが一般的になってきました。

そのため、全身脱毛のコースでVIO脱毛を行うとき、脱毛サロンによっては「全部剃ってきてください」といわれることがあります。

てっきり残す部分以外のムダ毛を剃るだけでいいと思い込んでいて、驚いてしまう人も多いもの。

全部ツルツルにしてしまうハイジニーナ脱毛ならまだしも、普通に生えているVIOを目指したいのに全剃りしないといけないのは、どういうわけなのでしょうか?

正直なところ、アンダーヘアを全部剃るのは恥ずかしいですよね。

また、デリケートゾーンは複雑な形状をしている部位なので、剃るのが難しいです。

「どうにか避けたい」と思うのが、普通の人の心情かもしれません。
ではVIOの全剃りをしないと、一体どうなってしまうのでしょうか?

全身脱毛おすすめ3選
キレイモ 銀座カラー コロリー

脱毛サロンはどれぐらいの期間通えばいいの?

キレイモの口コミ評判・詳細をチェック

脱毛サロンはどれぐらいの期間通えばいいの?

銀座カラーの口コミ評判・詳細をチェック

脱毛サロンはどれぐらいの期間通えばいいの?

コロリーの口コミ評判・詳細をチェック

今月の脱毛サロンキャンペーン情報はこちら>>

VIOを全剃りしないとどうなる?全剃りすることのメリットとは

全剃りをしなくても、VIOの形をきれいに整えることはできます。

ですが、残す部分の毛量や勢いがそのままで、毛がなくなった部分と残っている部分のコントラストがくっきり、そしてなにより見た目がこんもりしていてしまいます。

形を整えたんだなとはっきりわかってしまい、自然な印象にはなりません。

サロンで行うVIO脱毛は、形を整えるだけでなく量を適度に減らし、手触りを自然に柔らかくしてくれるものです。

そして、自然に仕上げるだけでなくVIOを全照射することで得られるメリットは他にもあります。

  • 照射漏れを防ぐことができる
  • アンダーヘアによるかゆみが軽減される
  • 生理時の経血による不快から解放される
  • 毛が生え揃ったとき自然に見えるのであからさまに脱毛したと思われにくい

全身脱毛でVIOを全照射をするとたくさんのメリットがあるので、決められた範囲より外にあるムダ毛をなくすのではなく、まずはどんな形にするのかを考える前に数回全照射をすることをおすすめします。

形を整えるだけでなく毛量を減らし手触りを柔らかくすることからはじめましょう。

全剃りを行ったところに光を照射すると、今生えている毛の毛根にだけ光が作用します。
そのため、まんべんなくムダ毛を間引いていく必要があるのです。

今生えている毛はすべての毛の数割ですから、その分が均等に間引かれることに。

毛周期の仕組みと脱毛が終わるまでの回数と期間>>

全照射する際には、ムダ毛の長さが均等に揃っている必要があります。
全剃りしておくことで光が均等にあたり、脱毛のもれやムラがなくなります。

そして全照射することで次に生えてくる毛が柔らかくなるという効果も。

やがて毛が生え揃ったとき、自然にグラデーションがついて見た目がよくなり、しかも手触りが柔らかくなるというが全剃りにはあるのです。

全身脱毛でVIOを含む脱毛サロン

ほとんどの脱毛サロンでは、全身脱毛のコースにVIOが含まれていますが、選ぶコースによってはIラインとOラインは含まれていなったり、追加料金がかかってしまうなど様々。

そのため気になるサロンの全身脱毛にVIOが含まれているのかをチェックしておきましょう。

サロン名 Vライン Iライン Oライン
キレイモ
銀座カラー
恋肌(こいはだ)
コロリー
シースリー
ミュゼ
脱毛ラボ

シースリーの全身脱毛は、顔脱毛かVO脱毛どちらかになるので注意が必要です。
また、全身脱毛の回数制コースだとIラインとOラインが含まれていません。

ミュゼの全身脱毛は3種類あるので、脱毛したい部位をチョイスする全身脱毛のコースの場合、契約時にVIOを選ばないと含まれていません。
ただ、ワキとVライン美容脱毛コースがプレゼントされるのでVラインは通い放題になります。

何回全照射すればいい?VIO脱毛って何回で終わる?

全身脱毛のコースでVIO脱毛の全照射を何回すればいいのか、結論から言ってしまうと個人差があるのでハッキリとした回数は言えませんが目安として3〜5回はみておくといいでしょう。

そのため、通っているサロンのエステティシャンと全身脱毛の経過を見ながら施術しておくことをおすすめします。

VIOをある程度残したい場合には、全照射を数回したあと残す部分の周りをシェービングして形に合わせて施術をしていきます。
ミュゼではVラインプレートをプレゼントしてもらえるので、毎回迷わずに希望の形に合わせることができますよ。

Vラインの形は、一番自然な仕上がりになるのは逆三角形

逆三角形より整えて、Vラインの範囲を少なくしたい人はたまご型

そしてさらにVラインを小さくするスクエア型があり、面積が小さい水着や下着を着る人から人気があります。

その他にハート型やハイジニーナなど、他にもたくさん種類があるのでカウンセリングで相談をしてて形を決めましょう。


そして、VIO脱毛にかかる回数はこちらも個人差はありますが最低でも10回は脱毛することをおすすめします。

VIO脱毛は、脱毛の回数を重ねるうちにだんだんと毛が細くなり、量は減ってきますがちゅうと半端な毛量で終わってしまうと仕上がりがまだらになってしまいます。
そのため、キレイな形に仕上げたいならしっかりと効果を感じられるまで通い続けましょう。

Iラインの脱毛は後悔しないようどうするか決めておく

Iラインの仕上がりは、Iラインを脱毛しないのか、Vラインから続く部分(割れ目が見えないように)少し残す仕上がりにするのか、Vラインの毛は残すけどIラインは全て脱毛するのか(割れ目は見える)先に決めておくことをおすすめします。

先に仕上がりのイメージを伝えておくのが大切で、IラインとVラインが繋がった仕上がりになると「全然Iラインの脱毛効果がなかった」となってしまったり逆にIラインを毎回脱毛すると「正面から見るとVラインしかなくてなんだか不自然」と成りかねません。

最近ではIラインは全て脱毛する人が増えてきていて、衛生面や生理時の不快さから解放されるというメリットがありますが、後悔しないためにもエステティシャンの方に相談するといいでしょう。

脱毛サロンに限らずIラインの粘膜は脱毛ができない

脱毛サロン、医療脱毛でIラインの内側の粘膜を脱毛することができません。 どちらも粘膜付近までの脱毛なので、ギリギリまで脱毛をしたいという人にはアリシアクリニックがおすすめです。

アリシアクリニックの全身脱毛はVIO脱毛がキワキワまで照射可能>>


生理だとVIO脱毛ができないので注意

全身脱毛の予約をする時に気をつけてほしいのは生理日です。

脱毛サロンでは生理時に脱毛を断られるところや、脱毛ができるところもありますが共通しているのは、全身脱毛の日に生理日だとVIOは脱毛ができないのです。

これは医療脱毛でも同じなので、生理と重なりそうな場合には脱毛サロンのキャンセル期限までに手続きをしておきましょう。

また、生理時はホルモンバランスが乱れがちなので、例え生理日にVIO以外の脱毛が可能であっても全身脱毛は避けた方がいいです。


生理前に脱毛しても大丈夫?予約をする前に確認をしておこう>>

VIOのシェービングは注意が必要

VIOは自分ではシェービングが難しい部位。とくにOラインは大変ですよね。

脱毛サロンでは全身脱毛の前日までにシェービングをしてくるというのがルールです。

無理な体勢でカミソリで処理をするのは危険。カミソリを使う場合は鏡を使いながら気をつけてシェービングをしなければいけません。

もし、ケガをしてしまったら当然脱毛ができないのでVIOだけ脱毛に通う期間が延びてしまいます。

できれば、電気シェーバーの方が安全なのでVIOをシェービングする時に使用しましょう。

どうしてもシェービングが難しいなら無理しない

脱毛サロンによっては剃り残しがあった場合にシェービングをしてくれるので、無理をせずエステティシャンの方にお願いしましょう。

ただし、シェービングを持参しなければいけないところや、追加料金が発生するところがあるので確認しておいた方がいいと思います。

シェービングサービスがある脱毛サロンをチェック>>


全身脱毛はVIO全剃りを数回行って、形も毛量も自然に整えよう!

VIOの毛は人によって量や手触り・硬さ・形などが大きく異なります。

この部位の施術は、最低でも3〜4回は行わなくてはなりません。
その都度全剃りが必要となりますが、それはVIOの形を自然に整え手触りを柔らかくするためには必要なことだと理解していただけたらと思います。
恋人や配偶者に見られると恥ずかしいという事情もありますが、どうして全剃りをしているのかを説明しておくことで理解が得られます。
生理時に衛生的で、レジャーに行く時にも毛を気にしなくてすむなどのメリットを、男性にもわかりやすく説明してあげるとよいでしょう。

単に形を整えればいいというわけではないのが、VIO脱毛の奥深いところ。

全剃りしなくてはならないことを知らなかったという人も、そのメリットを知ることで心構えができ納得の上で施術が受けられるでしょう。

今後ますますメジャーになっていくこと間違いなしのVIO脱毛。

当たり前のたしなみとして、さらに認知されていくことでしょう。
今のところ脱毛サロンよって、全剃りへの対応が違うこともあります。
どこまで剃るかや、その際に使用するツールや方法などについては、サロンの指示に従いましょう。

少し恥ずかしいかもしれませんが、理想VIOラインをを手に入れるために、正しい知識をもってVIOの全剃りにチャレンジしてみてくださいね。

全身脱毛でVIO脱毛の痛みが心配という人におすすめな脱毛サロン

全身脱毛をするならどこがお得?今月の脱毛サロンキャンペーン比較!

ただでさえ、これから全身脱毛をはじめるのに痛みが心配という人もいるでしょう。

中でもVIOは毛量が多くしっかりとした毛が生えているため、全身脱毛をする時に一番痛かった!という人が多い部位です。

また、ほとんどの脱毛サロンは照射をする前に冷たいジェルを塗ったあとに脱毛を開始するため、とくにVIOはヒヤっとするのが嫌だと感じる人もいます。

そこでおすすめしたいのが全身脱毛専門店のキレイモです。

キレイモは全身脱毛の対象に、Vラインサイド・Vライン・Vライン上・Iライン・OラインのVIO全てが含まれています。

全身脱毛でVIOも脱毛した方がいい理由とは?

脱毛サロンによっては全身脱毛のコースにVIOが含まれていないところも少なくありません。

また、なぜかOラインだけ含まれてない・・・など困ってしまうところもあるんです。

キレイモならVIOも含まれている上に、顔脱毛も含まれているので本当の意味で全身脱毛ですね。

そしてオススメの理由として、施術前の冷たいジェルを塗らない脱毛器を採用しているということ。

痛みの少も少なく施術前のジェルを塗る必要がない上に、施術後の冷却ジェルも塗らないので全身脱毛が快適にできるのです。

また「どうしてもこの日しか全身脱毛に行けない」という日が生理日と重なってしまった場合でもキレイモはVIO以外の全ての部位は脱毛が可能です。

そして、全身脱毛をはじめたいけどVIOは他の脱毛サロンで完了済みの人や、全身脱毛をはじめたいけどVIO脱毛したくないという人はキレイモでは割引があるのでカウンセリングの時に相談してみてくださいね。

キレイモの口コミ評価・全身脱毛のコース・施術方法についての詳細をチェック>>

VIO脱毛は痛い?どんな格好で施術するの?気になる疑問を解決

全身脱毛をする時に、どの部位よりも疑問や不安に感じることの多いデリケートゾーンの脱毛。

脱毛サロンに通う前に解決しておきましょう。

VIO脱毛の疑問をQ&Aで解決

Q.1デリケートゾーンの脱毛は他の部位に比べると痛いの?

VIOは他の部位に比べて痛みを感じやすいです。

脱毛サロンでの光脱毛は、黒い部分(メラニン)に反応します。 中でもデリケートゾーンは一本一本が太く、密集して生えているため他の部位と比べると痛みを感じやすい場合があります。 また、下着のこすれなどで黒ずみや色素沈着を起こしている場合により痛みを感じやすいです。

Q.2全身脱毛の契約でハイジニーナにすることはできる?

ハイジニーナにすることも、形を整えることもできます。

最近ではハイジニーナが流行っていて、VIO脱毛専門店に通う人もいるほどです。

全身脱毛のコースなのにハイジニーナや形を整えてもらうのは難しいのではないかと思う人は少なくありません。 でも安心してください。ハイジニーナにすることもできますし、はじめの数回は全照射をして毛量を整えたり形を整えることもできます。

Q.3全身脱毛をする時のVIOはどんな格好で施術するの?

用意されたガウンと紙ショーツを履きます。

全身脱毛をする時には用意されたガウンやワンピースに着替えて、ショーツも履き替えます。
ショーツは伸縮性のあるもので、照射をする時だけズラして行うので、他の部位を脱毛している間は見えないよう配慮してくれますよ。

施術はOラインはうつ伏せか横向き、Iラインは仰向けで片足ずつ曲げながら、Vラインは仰向けで少し足を開いた状態になります。

SALON