Full Epi

ストラッシュのクーリングオフと解約方法は?違約金は必要?

ストラッシュで脱毛をはじめたものの、途中で続けられなくなった場合はどうすればいいのでしょうか。

クーリングオフを利用できるのか、途中解約をしてお金が戻ってくるのか、ストラッシュの解約にまつわる注意点を紹介します。

解約を考えている方も、考えていない方も、万が一のことを考えて解約についての情報はしっかりチェックしてくださいね。

ストラッシュはクーリングオフできる?

ストラッシュの脱毛は、クーリングオフ対象となります。

クーリングオフの方法は、サロンに対して電話するか、そうしにくいときは書面で伝えることも可能です。

契約日から8日以内にサロンに対してクーリングオフの旨を伝え、手続きを開始してもらいましょう。

クーリングオフを行えば、全額返金してもらうことができます。

期間が短いので「手続きが間に合わないかも…」と不安になるかもしれませんが、クーリングオフは当日消印有効なので最後まで諦めないでくださいね。

ストラッシュは途中解約できる?

契約日から9日以上経過している場合、途中解約を行い、契約解除します。

途中解約は契約期間内に行うという条件があり、契約期間はコースによって異なるため注意が必要です。

6回コースは10か月、12回コースは1年、18回コースは2年が契約期間となり、契約期間を超えると途中解約できません。

途中で脱毛をやめたいと考えているなら、少しでも早く途中解約の手続きを開始しましょう。

ストラッシュの解約方法

ストラッシュの解約手続きは、店舗でのみ行うことができます。

契約した店舗に電話をかけ、解約希望の旨を伝えてから、解約手続きのための来店日時を予約しましょう。

予約した日時にサロンへ来店し、解約の書類に記入、捺印をすれば手続きは完了です。

解約手続き完了後、1〜2週間以内に解約金が指定口座へ入金されます。

2週間以上経過しても入金されない場合は、解約手続きを行った店舗に連絡して確認してもらいましょう。

ストラッシュの解約に必要な持ち物

ストラッシュの解約に必要な持ち物は、印鑑・返金用の口座が分かる通帳・クレジットカード払いにしている人はカード・契約書・身分証明書です。

印鑑はシャチハタではなく、認印が必要になります。

契約書は契約コースの確認のために必要ですので、持参できるようであれば解約時に持っていきましょう。

契約書はなくても大丈夫ですが、店頭で契約コースを確認することになるので解約手続きに時間がかかるケースがあります。

必要な持ち物を忘れてしまうと、当日に解約手続きが完了しない可能性もあるので気を付けてくださいね。

ストラッシュの解約に違約金や手数料はかかる?

解約するときに気になる違約金と解約手数料についてですが、ストラッシュでは違約金は発生しません

しかし途中解約の場合、解約手数料がかかります。

解約手数料は、残りの回数分の料金の10%です。

もし30,000円分の脱毛が残っている場合、この10%分の料金、3,000円が解約手数料としてかかります。

返金額は、残りの回数分として計算される料金から解約手数料を差し引いた金額です。

この場合は、残りの27,000円が手元に戻ってくることになります。

ストラッシュの解約に関する注意点

ストラッシュの契約を途中で解約する際の注意点ですが、回数無制限コースは6回目の施術を受けると解約しても返金されません。

全身脱毛の通い放題は、何回脱毛できるという回数の上限がないため、解約返金の規定として6回の料金で計算されます。

つまり全身脱毛の施術を7回以上受けると、途中で解約しても返金されないということです。

7回以上施術を受けている場合は、解約せずにそのまま契約を継続した方がいいということになります。

また回数無制限コースは、何年でも無制限に利用できるということではなく、5年間という期限がついていることも注意しておきましょう。

ストラッシュは違約金が無料で解約もスムーズ!

脱毛サロンを利用するとき、解約時の対応や差し引かれる手数料などは大事なポイントですよね。

ストラッシュは契約日から8日以内であればクーリングオフが適用されますし、契約してから9日以上経過した場合でも途中解約が可能です。

途中解約の場合は、残りの回数分の料金の10%を解約手数料として差し引いた金額が返金されます。

解約時に「引き留められたらどうしよう…」と不安になるかもしれませんが、ストラッシュではそのようなことはなく、スムーズに解約手続きを行ってくれるので安心してくださいね。