Full Epi

SHR脱毛なら金髪や産毛にも効果あり?脱毛の仕組みから痛みについて徹底解説

これまで脱毛を諦めていた日焼け肌の人や、効果を実感しづらい産毛や金髪にも効果が高いと言われるSHR脱毛は、どんな脱毛方法なのでしょうか。

近年、SHR脱毛を採用しているサロンの口コミでは、「SHR脱毛は効果ない」という意見もチラホラありますし、最新の脱毛方法なので過去のデータが少なく不安に感じますよね。

こちらでは、今話題のSHR脱毛の仕組みやメリット、効果がないと言われてしまう理由を解説していきます。

SHR脱毛の仕組み

SHR脱毛は、毛包と発毛の司令塔になる部分の「バルジ領域」にダメージを与える脱毛法。

毛包にダメージを与えることで、毛を生やす力が弱くなり、回数を重ねることで最終的に毛が生えてこなくなります。

これまでの光脱毛(IPL脱毛やSSC脱毛)は、生えている毛に対して効果を発揮していたため毛周期に合わせて脱毛サロンに通う必要がありましたが、SHR脱毛はすべての毛の毛包に対してアプローチできるので毛周期を気にせずに、また毛の色や肌色をを気にせずに照射することができます。

毛周期とは

体毛の発育サイクルの表現で、毛が成長する成長期、毛が抜けていく退行期、毛が抜けてしまい新たに生える準備をしている休止期というように周期的に発育する状態を意味します。

そして、IPL脱毛やSSC脱毛では照射する光の性質上メラニン色素に反応するため、生えている毛(メラニン色素を含んでいる黒い毛)にダメージを与えることで脱毛を促していました。

つまり、脱毛するには毛が生えていないとできず、退行期や休止期にある体毛に対しては再び生えてくるのを待つ必要があるため期間がかかってしまいます。

これまでの光脱毛とは違うSHR脱毛ですが、全身脱毛が早く終わるだけでなくまだまだメリットがあります。

SHR脱毛のメリット

SHR脱毛のメリットにはメリットが多く、これまで肌状態や毛質などにより光脱毛ができなかった人や、効果を実感できなかった人など、多くの人がSHR脱毛をはじめています。

金髪や産毛などの色素が薄い毛にも対応

IPL脱毛やSSC脱毛、レーザー脱毛などは、毛が持っているメラニン色素に反応してダメージを与えるため金髪や産毛に対しては脱毛効果をいまいち発揮できていませんでした。

しかし、SHR脱毛は毛の根っことなる毛包へと届く光を照射し、毛包ごと処理するため色素に関係なく脱毛することができます。

自黒の肌や日焼け肌でも安心

従来行われてきた脱毛は、一般的にメラニン色素に光やレーザーを反応させるものだったため、自黒の肌や日焼けした肌の人はお肌に反応が起こる心配があって禁忌とされてきました。

しかし、SHR脱毛はメラニン色素にかかわらず脱毛できるため、これまで脱毛できないと悩んできた日焼け肌の人や敏感肌の人でも安心して脱毛することができます。

やけどの心配がない

IPL脱毛やSSC脱毛では照射時にメラニン色素と反応するため熱が発生します。

人によってはその熱がお肌に伝わってやけどを起こすケースもあるため、敏感肌の人や熱さに弱い人にとっては大きなデメリットでした。

いわば一点集中型の脱毛方法だったといえます。

ところがSHR脱毛の場合は、毛包に届く光を数回に分けて照射するため高熱がお肌に集まることがありません。

熱を感じるとしても、ちょっとした暖かさを感じる程度でやけどするほどではありません。

痛みを感じない

脱毛と言えば痛みがあるというイメージが強く、特にレーザー脱毛では人によっては麻酔を使うことがあるくらい痛みを生じます。

SHR脱毛はお肌への負担も少なく、照射時の痛みも少なくて済むので、痛みに弱い人におすすめです。

脱毛完了までの期間が短くて済む

IPL脱毛やSSC脱毛、レーザー脱毛は毛周期に合わせて脱毛するため、脱毛完了までにかかる期間は2年以上というのが通常でした。

SHR脱毛では毛周期にかかわらず処理ができるため、2週間〜1か月というスピードで施術ができます。

脱毛までにかかる期間も短く早い場合だと半年で脱毛完了する人もいます。

また、施術時間自体も短く、1回あたりおよそ1時間で終えることができるのでより速く脱毛したい人にうってつけではないでしょうか。

SHR脱毛のデメリット

メリットが多いSHR脱毛ですが、もちろんデメリットもあります。

ほかの光脱毛と違い効果が分かりづらい

脱毛をすれば1週間〜10日でムダ毛がポロポロ抜けるというイメージが強いですが、SHR脱毛は今生えている毛に反応させる脱毛方法ではないので、抜ける実感はありません

そのため、SHR脱毛は効果がないのではという意見もあります。

だんだんと毛が生えてこなくなったという実感はできますが、全身脱毛の効果を実感できるまでは最低でも6回は必要です。

VIOなどの太い毛には回数が必要

産毛や金髪などの細い毛にもしっかり効果を出せるSHR脱毛ですが、VIOやワキなどの太く密集している毛への効果はIPL脱毛やSSC脱毛よりも回数が必要になります。

そのため、月額制で20回以上通うと、意外と高くついてしまう可能性があるので注意してください。

先日、ストラッシュ横浜店さんに取材に行かせていただいた際にお聞きしたのですが、ストラッシュには通い放題のコースがあるらしく会員さんの半数が通い放題で契約されているそうです。

ストラッシュ横浜店に突撃取材!SHR脱毛の効果から全身脱毛の料金まで徹底解説

SHR脱毛は、ほかの光脱毛に比べ毛が抜ける実感がないため効果がないのでは?と心配になるかもしれませんが、そもそも脱毛方法が違うため安心してください。

医療脱毛でない限り、全身脱毛は最低でも6回通わないと効果が持続しません。

SHR脱毛をすればいずれムダ毛が生えなくなるんだ!という気持ちを持って気長に脱毛サロンに通いましょう。

業界最新SHR脱毛を取り入れている脱毛サロン

ササラ(SA・SA・LA)

ササラ(SA・SA・LA)は、GENKINGさんがイメージキャラクターを務める全身脱毛サロン。

2018年5月にオープンしたのにも関わらず人気急増中のそのわけは、光脱毛の中でも効果の高いIPL脱毛とSHR脱毛を同時にできるハイブリット脱毛を採用しているからです。

ワキやvioなどにはIPL脱毛、産毛などの細い毛にはSHR脱毛を使い分けるので、お肌に負担をかけずにしっかり効果を出すことができます。

全身脱毛は人気の顔とvioが含まれていて、支払い方法は月額制とパックプランを用意していて、パックプランならストラッシュ同様、最短2週間に1回のペースで全身脱毛することができます。

プラン 料金 回数
月額制 8,800円 支払っている間通える
パックプラン 114,048円 6回

※スマートフォンの方は右にスクロールをすると詳細を見ることができます。


ストラッシュ

ストラッシュは、顔とvioを含む全身脱毛ができる脱毛サロン。

顔は光脱毛では対象外とされることの多い小鼻・おでこ・眉間も脱毛することができるのでメイクノリを上げたい人や小鼻の毛穴詰まりが気になる人もおすすめです。

支払い方法は、月額プランと一括払いのパックプラン、都度払いを用意しています。

全身脱毛の経過を見ながら通いたいのであれば月額制がおすすめですが、全身を一周施術するのに2回来店する必要があるので、1回で全身脱毛をしたい場合はパックプランを選びましょう。

パックプランなら最短2週間に1回のペースで通えるので、早く全身脱毛を終わらせることができます。

プラン 料金 回数
月額制 7,980円 支払っている間通える
パックプラン 95,760円 6回
都度払い 21,980円 1回

※スマートフォンの方は右にスクロールをすると詳細を見ることができます。

ストラッシュ横浜西口店へ独占取材&脱毛体験はこちらで解説

SHR脱毛は、従来の脱毛方法とは異なり、毛の根元にある毛包に直接アプローチするため、毛周期にかかわらず施術が受けられます。

また、毛の色素の濃さも関係なく脱毛効果があるため金髪で色素が薄い場合や産毛などの細い毛、更には日焼け肌でも脱毛することができる画期的な脱毛方法です。