Full Epi

医療脱毛は敏感肌やアトピーの人におすすめ!不安や疑問を解消します!

医療脱毛と敏感肌との関係について解説したページ用のアイキャッチ画像

医療脱毛で全身を脱毛してみたいけど、敏感肌あるいはアトピーが心配で受けられないという方は多いことでしょう。

医療脱毛はレーザーを照射しますので、お肌になんらかの問題を抱えている方は心配ですよね。

では、これらの方は医療脱毛を受けられるのでしょうか。

敏感肌・アトピー体質の人に医療レーザー脱毛がおすすめの理由

当サイトが医療レーザー脱毛を推奨する理由は大きくこの2つにあります。

  • 万が一のトラブルが起きたときに対処できるかどうか
  • 脱毛の回数を重ねた後の仕上がり

フラッシュ脱毛は医療脱毛で使用するレーザー脱毛器よりも、パワーが弱い光を照射するため、お肌への刺激が弱いというメリットがあります。

「敏感肌やアトピーの人は医療脱毛よりも脱毛サロンのフラッシュ脱毛のほうがおすすめなのでは?」と思う方も多いかと思いますが、医療機関ではない脱毛サロンは、医師が常駐していません

光の照射で肌トラブルが起こった際の応急処置を行うことができないことから、脱毛サロンではステロイド剤を使用している方への施術はほとんど行えないのが実情です。

また、脱毛サロンのフラッシュ脱毛は永久脱毛ではないので、脱毛完了後にムダ毛が再生すれば再度施術を受けなければならないという部分もネックになります。

一方、医師がお肌の状態を確認した上で行う医療機関の医療脱毛では、万が一の肌トラブルが起こっても医師が常勤しているため、その場で適切な応急処置が可能です。

さらに、医療脱毛は永久脱毛ですのでひとたび脱毛が完了してしまえば、ムダ毛が再生してくる確率は非常に低く、この部分もまた敏感肌やアトピーの方に医療脱毛がおすすめできる理由として挙げることができます。

フルエピ編集部より

フルエピインタビュー用のアイコン画像

ただし、医療脱毛クリニックであっても肌の状態や施術内容、テスト照射の結果によっては、施術を受けられない場合もあります。

まずはカウンセリングを受けて医師に相談をすることから始めてみてください。

 

敏感肌やアトピーでも医療脱毛を受けられるって本当?

敏感肌やアトピーの方でも医療脱毛を受けることができ、自己処理よりも医療脱毛のほうが安全性が高くておすすめです。

医療脱毛の安全性が高い理由

では、医療脱毛であれば安全性が高いといえる理由は、いったいどのようなところにあるのでしょうか。

まず、医療脱毛で照射するレーザーは表皮を透過して皮下にあるムダ毛のメラニン組織に反応する性質を持っています。

その際、お肌が受ける刺激ゼロではありませんが、レーザーは黒い色素に強い反応を示しますので、レーザーのエネルギーが毛根組織部分に集中しやすくなります。

ということは、表皮はレーザーの刺激を受けにくいということになり、敏感肌やアトピーの脱毛にも適しているということにもなります。

また、自己処理は永久に続けなくてはなりませんが、医療脱毛は5〜6回程度の施術で脱毛が完了し、永久脱毛ですので、その後のムダ毛の再生率が極めて低いというメリットがあります。

自己処理を続けていて敏感肌やアトピーが悪化することはありますが、医療脱毛でスッキリ脱毛してしまえば、そのような肌トラブルに見舞われる心配も激減するでしょう。

自分でムダ毛を処理するリスク

カミソリやシェーバーの刃はお肌に与える刺激が大きく、敏感肌やアトピーの方がこの方法で自己処理をすると、ただでさえバリア機能が弱っている表皮のコンディションが悪化し、症状を増長させてしまう可能性があります。

また、除毛クリームでは薬剤による刺激がありますので、敏感肌やアトピーの方にはおすすめできません。

つまり、敏感肌やアトピーの方がこれらの自己処理を続けていると、いつまでも症状が改善されないばかりか、症状をさらに悪化させる可能性が広がるということです。

 

【要注意!】医療脱毛を受けるときには頭痛薬はNGだって知ってた?

脱毛したい部位が肌荒れしている場合は?

肌荒れをしているけれど、医療脱毛をしたいという場合、どのように判断したらいいでしょうか。

脱毛を断られる可能性が非常に高いのは、明らかに赤くなって腫れあがった傷跡やはっきりしたあざ、肌荒れのあとです。

ケロイド体質

残念ながら脱毛はできません。傷、ニキビなどの肌荒れ、ピアッシングの跡などが、赤く盛り上がって腫れたものです。

多くの場合、胸や顔などに出て傷本体より広がっていきます。アレルギー疾患であり、少しの刺激で発生するので今症状が出ていない部位でも、この体質を持つ人は照射を受けられません。

肥厚性瘢痕(ひあつせいはんこん)

患部以外は脱毛可能です。

ケロイドとよく似ていますが、赤い腫れが傷口より大きく広がることがないという特徴があります。

ケロイドと違って脱毛は可能ですが、今腫れている、もしくは腫れが引いて傷に色素が沈着して黒くなっている部位は照射ができません。

傷の腫れがあるとケロイド体質と間違えられて、脱毛を断られてしまうこともあります。

しかし、ケロイドとただの腫れは血液検査などで識別できますので、事前の診察がしっかりしたクリニックを選べば大丈夫です。

ニキビ

おすすめできませんが、場合によっては脱毛可能です。

ただし、赤黒く跡になっている、赤く腫れている、化膿している部位は照射できません。

もし、脱毛したいと思っている場所に、赤い炎症のニキビが広い範囲に出ている場合は、施術を断られることがあります。

青黒い、赤黒いあざ

患部以外は脱毛可能です。

あざに含まれるメラニン色素にレーザーの光が反応してしまうので、脱毛の効果が弱くなります。

小さなあざならば避けて照射ができますが、あまり大きいときにはニキビと同じでその個所の脱毛を断られることがあるので注意しましょう。

刻な肌荒れが長い間続く場合は、脱毛よりも先に治療して肌の状態がよくなってから施術を受けるなどの判断をし、無理をしないことをおすすめします。

肌が弱い人に特におすすめの医療脱毛機器

アトピーや肌荒れが気になる人が脱毛できるかどうかは、機器によって異なります。

医療脱毛のレーザーには、敏感肌やアトピーの状態を悪化させてしまうものと、負担をかけずに肌の状態をよくするものがありますので、負担が少ないものを選びましょう。

一般的に医療脱毛に使われているレーザーはアレキサンドライトレーザー、ヤグ( YAG)レーザー、ダイオードレーザーの3つです。

各々出力の強さと波長が違い、異なった特徴を持ちます。

アレキサンドライトレーザー

波長が長い光を使ったレーザーで、日本人向けということもあり多くのクリニックで導入されている機器です。

出力が高く、肌を滑らかにする効果があり、太い毛にも対応できるのが特徴ですが、色素が沈着した肌には使えず、痛みが強いのでアトピー肌や敏感肌の人には向かないことがあります。

 

アレキサンドライトレーザー脱毛の特徴や効果を徹底解説

ヤグレーザー

アレキサンドライトレーザーや、ダイオードレーザーに比べて長い波長をもっています。

色素沈着などには強いのですが、痛みがかなり強く肌トラブルが起きやすいのでやはり敏感肌の人が使うには注意が必要です。

少しの刺激でかゆみや炎症が出てしまう、アトピーや敏感肌に悩む人に向くのは次にご紹介する照射範囲が広く、痛みが格段に少ないダイオードレーザーをおすすめします。

 

ヤグレーザーでの医療脱毛は効果ある?特徴やメリット・デメリットまとめ

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは医療脱毛のレーザーのほか、皮膚科領域で挙げたケロイドやできたばかりの傷跡に照射して薄くするために 使うことがあります。

  • 他のレーザーに比べて出力が低くて肌に負担がかかりにくい
  • 照射時間が短くて済む
  • 照射することで肌の細胞が入れ替わる新陳代謝をよくする
  • 炎症などを抑えてくれる働きがある

などのメリットが多く、アトピーや敏感肌の人にも向くレーザーです。

 

ダイオードレーザー脱毛の特徴・効果・種類を解説

フルエピ編集部より

フルエピインタビュー用のアイコン画像

医療脱毛ではライトシェアデュエットという機器に使われており、導入しているクリニックは、アリシアクリニックリゼクリニッククレアクリニックなどいくつかありますので気になる方は問い合わせてみましょう。

 

アトピーでステロイド使用、悪化する心配はない?

ステロイド剤には光を吸収しやすい性質があるため、服用時にはレーザー脱毛を行うことができません。

施術をするには、脱毛する前の一定期間、ステロイド剤の服用を中止する必要があります。

また、ステロイド剤には外用薬もありますが、薬を塗布している部分にはレーザーを照射することができませんので、その部分を避けての照射となります。

フルエピ編集部より

フルエピインタビュー用のアイコン画像

医療レーザー脱毛を受ける前後には服用できない薬は他にもありますので、薬を常用している方はカウンセリング時に医師に相談してください。

 

敏感肌やアトピーのレーザー脱毛はここに注意しましょう

まず、お肌のコンディションが極端に悪化している状態は、たとえ医療脱毛であっても受けることができません。

それは、レーザーの照射によってお肌が刺激を受けやすい状態となっており、レーザーによってお肌の乾燥や症状が進んでしまう可能性があることと、レーザーが皮膚を透過する際に色素沈着があると、その部分にレーザーが反応する可能性が高くなり危険なためです。

このように、医療脱毛であってもお肌のコンディションによっては施術を受けることができないことがあります。

肌が敏感だから有効期限が短い契約は不安

肌トラブルで一定期間通えなくなる可能性から有効期限が設けられている医療脱毛コースの契約に不安を感じる人はコースの期限が長く設定されているクリニックを選びましょう。

気になる医療機関を見つけたのであれば、コースの期限を確認した上でカウンセリングを受け、医療脱毛が可能かどうか相談してみましょう。

また、ほとんどの医療機関ではテスト照射でレーザーに対する感受性を調べますので、このテスト照射でお肌に異常が現れなければ、レーザー脱毛を受けることができると判断できます。

有効期限を気にしたくないなら リゼクリニック

 

リゼクリニックはどの脱毛プランでも有効期限が5年設けられています。

一般的な医療脱毛クリニックは1年程度なのと比べると長く設定されているので、肌トラブルなどで行けない期間があっても期限切れを気にせずに通えます。

  • 財布に優しい定額プラン→全身脱毛:月々13,000円

敏感肌やアトピー体質の人は脱毛後のケアも重要!

脱毛後のケアは、敏感肌やアトピーではない人にとっても重要です。しかし、肌が弱く傷つきやすい人は脱毛後のトラブルが起きやすいのでいっそうの注意をしてください。

脱毛後は熱いお風呂やシャワーは使わない

皮脂が落ちて乾燥してしまって傷つきやすくなります。

脱毛をした部位はこすらない

体を洗う時にごしごし洗ってしまうと、それまで肌を守っていた体毛がないために傷がつき、炎症や色素沈着が起きやすくなるので止めましょう。

石鹸などを使う時は泡立てて洗って、体を拭くときはタオルで軽く水分を吸うように拭きます。

石鹸の刺激に弱い人はお湯に溶かして泡立てて、そのお湯で洗うと皮脂が落ちすぎて乾燥してしまうのを防ぐことができるのでオススメです。

保湿をしっかりする

クリニックがアフターケア用に提供してくれる化粧水や、乳液などを使って保湿をしましょう。

他におすすめなのが、低刺激のスプレー式化粧水です。

ワキや背中など、手では化粧品を塗りにくいのですが、スプレーならばまんべんなく塗ることができます。

特に服に触れる場所は、摩擦による刺激を避けるために保湿をしっかりしましょう。

紫外線に当たらない

紫外線は肌を乾燥させ、肌トラブルを起こす要因になります。

体毛は本当は紫外線から肌を守る役割も持っていますので、脱毛後は日に当たらないことが大切です。

帽子、アームカバー、日傘、長袖の上着、色が濃く紫外線が皮膚に届かない生地の服を用意しておきましょう。

外出後は、まめに保湿をしておくと安心です。

アトピーやアレルギーのある人は、肌に刺激を与えない、乾燥させないでバリア機能を保つことがアフターケアとして非常に大切になります。

脱毛中の自己処理の時もワックスや、除毛ローション、脱毛テープなど刺激の強いものは避け、電気シェーバーやはさみで処理して保湿しましょう。

敏感肌やアトピーが気になる方はまず医師に相談してみましょう

医療脱毛は敏感肌やアトピーの方でも受けることができますが、お肌のコンディションによっては受けることができない場合もあります。

まずはかかりつけの皮膚科に相談し、レーザー脱毛を受けても大丈夫な状態なのか相談してみてくださいね。