Full Epi

リゼクリニックなら未成年でもツルスベ肌に!気になる年齢制限は?

以前は施術料が高額だったクリニックですが、最近はリーズナブルな価格で脱毛できるようになり、施術技術やマシンの性能が向上したこともあいまって、未成年のお客さんが増えています。

サービス面でも、収入が少ない学生さんのお財布に優しい学割を用意し、ムダ毛のコンプレックス解消を徹底サポートしているんです。

しかし、気になるのは年齢制限をはじめとする、施術を受けるための条件ですよね。

そこでこちらでは、中学生でも医療脱毛ができると評判のリゼクリニックのサービスについて紹介していきます。

カウンセリング前に知っておくべきポイントを、分かりやすく解説していきますので、リゼクリニックで施術すべきか否か、事前に判断しやすくなるでしょう。

リゼクリニックの施術は14歳以上から受けられる!

わたしたちのカラダに生えているムダ毛には、一定の周期で成長と退行(抜けていく時期)、そして、細胞の活動停止というサイクル(毛周期)があります。

脱毛はこの毛周期に合わせて行ない、ムダ毛を作りだす細胞を破壊していくのですが、未成年の方の場合はホルモンバランスが安定していないため、施術をしても十分な脱毛効果が出ないケースが多いんです。

また、回数コースを申し込んで脱毛が完了した数年後に、新たなムダ毛が生えてきてしまって、再びクリニック通いが必要になることも。

こうしたカラダの成長過程をふまえて、ほとんどのクリニックでは医療脱毛の施術に年齢制限を設けています。

脱毛は、何歳からでもできるというワケではないんです。

それでも、ムダ毛のコンプレックスに悩む方は、今すぐにでもツルスベ肌になりたいですよね。

そんな悩める女子に支持されているのが、14歳から施術が受けられるリゼクリニックです。

脱毛の施術は年齢制限がなくても18歳になってから始めるべき?

14歳といえば、思春期のど真ん中。

子供から大人のカラダに成長していく過程で、さまざまな変化が発生します。

ムダ毛が濃くなるのもこの時期で、薄着になる夏シーズンや、プールの授業などは、憂うつな気分になってしまうものです。

しかし、こんなお悩みも、リゼクリニックに行って施術を受ければ、解消するかもしれません!

ただし、年齢制限のほかにも、さまざまな注意点がありますので、ここでポイントを押さえておきましょう。

まず、覚えておきたいのが、冒頭でもお話したとおり、未成年の方はホルモンバランスの影響で脱毛効果が出にくいということ。

14歳から施術が受けられるといっても、脱毛完了後にダメージを受けていない毛母細胞が活動を始めて毛を作り出し、再びムダ毛の悩みを抱える可能性があります。

リゼクリニックでも、カウンセリング時にこのようなリスクを説明して、基本的にはホルモンバランスが安定する18歳になってから施術することをおすすめしているんです。

この点に了承するのであれば、14歳からでもリゼクリニックで脱毛できます。

また、思春期はニキビなどの皮膚疾患が増える時期ですよね。

肌トラブルが発生していると、その部位は避けて施術することになりますので、脱毛効果はさらに出にくくなるということも覚えておいてください。

14歳以上であれば、何歳からでも脱毛ができるとはいえ、大人になってからムダ毛が生えてきたら、もう一度脱毛することになってお金が無駄になってしまいます。

こうした点を事前に両親と相談してから、リゼクリニックのカウンセリングに足を運び、カウンセリングスタッフの説明を聞いて最終決断するといいでしょう。

知らなきゃ損するリゼクリニックの学割サービス

脱毛の仕組みやリスクなどを理解したうえで、リゼクリニックで脱毛しようと決めたら、少しでも安い料金で施術を受けたいものですよね。

そこで利用したいのが、学生さんに適用される学割プランです。

リゼクリニックでは、腕やワキ、vioなど部位ごとに選べるコースや、全身脱毛顔脱毛など、まとまった部位をお得な料金で施術できるコースを用意しています。

学割プランは、あらゆるコースに適用されるのが特徴で、気になる割引額はなんと20%

たとえば、人気のワキ脱毛でしたら、5回コースが19,800円から15,840円に、高額になる足全体セット(太もも、ひざ、足首、足の甲、足の指)は、119,800円から95,840円になるんです。

(※価格はいずれも税込みです)

この学割プランを利用するには、学生証の提示が必須条件となっていますので、カウンセリング時に持っていくことをお忘れなく!

ちなみに、学割プランは予備校生の方にも適用されます。

もし、学生証に住所記入欄がない場合は保険証も必要になるので、事前に必ず準備しておいてください。

学生証ともう1つ、カウンセリング時に必ず持参しなくてはいけないのが、親権者の同意書です。

未成年の方がクリニックで施術を受ける場合は、親の同意が必ず必要になりますので、リゼクリニックのホームページにある同意書を、パソコンでダウンロードして印刷した後、両親のどちらかに記入してもらってください。

この同意書は、18歳以上の未成年の方であれば、カウンセリング時に持参するだけでOKです。

カウンセリングで説明を受けた後、契約することになったら、同意書を記入した親権者にスタッフが電話をして最終確認を行ないますので、親にその旨を伝えておき、電話に出られるようにしてもらって下さいね。

ただし、中学生や高校生の方は、カウンセリングに親が同行する必要があります。

院によっては、男性の同伴がNGになっていますので、事前にクリニックに電話をしてチェックしておきましょう。

一例を挙げますと、リゼクリニックの新宿院は女性専用のクリニックのため女性の親権者しか受け付けていませんが、渋谷院は男性も入店可能になっています。

「新宿院で施術を受けたいけど、カウンセリングは父親が同行する」

という場合は、カウンセリングは渋谷院に申し込んで、施術は新宿院で受ける、といった流れになります。

リゼクリニックの学割について解説!年齢制限や学割内容や注意点について

リゼクリニックなら年齢制限なしで医療ローンが組める?

リゼクリニックでは、契約の段階で施術料金の支払方法も決めます。

現金一括払いでしたら、その場で支払ってスムーズに手続きできますが、医療ローンを利用する場合は、すこし手間がかかりますので、ここで事前に知っておくべきポイントを解説しておきましょう。

リゼクリニックで用意している決済方法には、現金払い以外にも、クレジットカードと医療ローンがあります。

本人名義のクレジットカードを持っている場合はそのまま使えますが、親のカードはカウンセリングに同行してもらった時だけ使える、ということを覚えておいてください。

施術を受ける本人だけでカウンセリングに行ったら、たとえ許可をとったとしても、親のカードは使用できません。

また、デビットカードにも対応していませんし、使えるクレジットカードはVISAとマスターカード、JCBだけです。

一方の医療ローンは、18歳以上であればバイトなど安定した収入があるという条件をクリアすれば、信販会社を利用して本人名義で申し込み可能です。

ただし、お給料の額や勤続年数などによっては、親が連帯保証人になる必要があります。

この場合も、ひとりでカウンセリングに行った時と同様に、信販会社から親権者に申し込み内容に関する電話確認が行われますので、親にカウンセリングが終わりそうな時間を伝えておいて、電話に出られるようにしてもらってくださいね。

この確認作業ができないと、契約を完了させることができません。

未成年の方の脱毛は医師がカウンセリングするリゼクリニックで決まり!

未成年の脱毛は、ホルモンバランスの問題があるため、大人のようにスムーズな脱毛効果が出ない可能性がありますが、まずは、14歳以上であれば何歳からでも脱毛ができる、リゼクリニックのカウンセリングに行ってみましょう。

カウンセリングには、医療と脱毛のプロである医師も対応してくれますので、適切なアドバイスがもらえますし、脱毛のメリットだけでなく、リスクもしっかり理解できるようになりますよ。

カウンセリング終了直後に脱毛するか否か決めず、自宅に戻ってゆっくり検討するのもおすすめです。

両親とも相談して、後で新しいムダ毛が生える可能性と費用負担も熟考して施術を決めれば、後悔のない脱毛につながりますよ。