Full Epi

痛みに弱い方はレジーナクリニックへ!刺激が少ない脱毛マシンの秘密は?

脱毛の施術でネックになるのは、なんといっても痛みです。

脱毛マシンから照射される光が肌に当たるたびに刺激が発生するので、慣れるまではクリニックに行くたび、憂うつに感じる方もいるようですね。

しかも、サロンと比べてクリニックの脱毛マシンは、脱毛効果が高い反面、刺激が強いため、部位によっては痛みを伴うことも・・・。

そんな苦痛から解放されると評判なのが、レジーナクリニックの脱毛です。

痛みを最低限に抑える丁寧な施術を行なうだけでなく、他院にはない脱毛マシンの導入で、“苦痛を軽減する施術”を実現しているんですよ。

どうしてクリニック脱毛は痛みが強いのか?

脱毛の施術は、レーザーがムダ毛の黒色(メラニン色素)に反応して熱を発生させ、毛を作り出す毛母細胞を破壊していく仕組みになっています。

この時に、レーザーが照射されるお肌に刺激が加わるため、周辺の肌に痛みを感じることがあるのです。

施術をした部分の皮膚は、軽いヤケドをした状態になります。

痛みが続くというケースは少ないですが、施術後のアフターケアー(太陽光を皮膚に当てない、保湿を念入りに行なうなど)が不適切だったり、肌が弱い人だったりすると、炎症などの症状が発生することもあるんです。

こうしたトラブルを防ぐために、クリニックでは施術前は肌にジェルを塗るなどして、レーザーのダメージを和らげるとか、施術後にローションを塗ってお肌をクールダウンするといった処置がとられます。

刺激を軽減するレジーナクリニックの特徴

しかし、ジェルやローションでケアをしても、レーザーの照射時にはそれなりの刺激を感じます。

脱毛する部位が数か所でしたら、施術時間は短時間で済みますが、これが全身脱毛になると1時間ぐらいかかるため、痛みの連続でかなり苦痛と感じる方も。

こうした痛みのストレスを少しでも軽減するために、レジーナクリニックでは、施術担当者がお客さんの反応を見ながらレーザーの出力を調整して、痛みによるストレスを最低限にしてくれるんです。

また、レジーナクリニックでは、他のクリニックより肌への刺激が少ない脱毛マシンを使っています。

一般的には、褐色肌の方は肌へのダメージが大きくなるので、施術がNGとなることが多いのですが、こちらのクリニックのマシンは肌に優しい照射ができるため、施術可能となるケースが多いのが特徴です。

こうした施術の工夫と、高性能マシンの使用によって、レジーナクリニックでは痛みの少ない医療脱毛を実現しているんですね。

気になるワキやvio脱毛の痛みは?

施術の時に感じる痛みは、個人差があるうえに、部位によって異なります。

とくに、皮膚が薄い部分は刺激が強くなりますので、vioやワキは強い痛みを感じることもあるんです。

さらに、全身脱毛になると、うなじや二の腕など刺激を感じやすい部位も含まれることから、施術が終わるころには痛みのストレスで、ヘトヘトになってしまうなんてことも。

その点、レジーナクリニックで採用している脱毛マシンは、レーザーの照射部分に熱がたまる「蓄熱式」になっているため、vioやワキなどへの刺激もかなり軽減されます。

ちなみに、この蓄熱式の脱毛マシンは、とくに褐色肌の方が施術を受ける時の刺激軽減に有効で、色素が濃い肌への反応が抑えられるため、痛みに弱い方も安心して施術が受けられると評判です。

また、痛みに弱いという方に対しては、施術前に刺激を弱めるクリームを塗ってくれますから、ストレスが少ない脱毛が実現します。

もちろん、刺激が少ない脱毛だからといって、効果が出にくくなるということはありませんし、クリームによって肌トラブルが発生した場合も、医師が迅速に対応してくれますから、安心して施術が受けられますよ。

レジーナクリニックなら痛みを抑えて早期にツルスベ肌をゲット!

クリニックで全身脱毛を始めてみたものの、想像以上に痛みが強いため、途中で脱毛をやめてしまう人って、少なくないんです。

でも、レジーナクリニックでしたら、お客さんのストレス軽減に配慮したやさしい施術で対応してくれますから、「クリニックで脱毛したいけど、痛みに耐えられるか不安」という方は、ぜひ、足を運んでみてください。

希望すれば、無料カウンセリング時にテスト照射を受けられますので、実際にどの程度の刺激なのか体感することで、安心感がさらに高まることでしょう。

レジーナクリニックのカウンセリングを受けたい!当日の流れや持ち物、契約に備えた注意事項を全て解説!