Full Epi

顔脱毛の準備はこれでOK!前日にすることをリストアップ

「明日はいよいよ顔脱毛!」というときに、どんな準備をしておけばよいのか、顔脱毛の準備に必要な方法や注意事項について、詳しくまとめました。

前日までにしておくことや、どこまで剃るのがおすすめなのかの剃り方や、保湿のポイントなど、知っておきたい前日にすることをご紹介します。

顔脱毛の準備について知っておきたい人や、顔脱毛の効果を高めたい人はぜひ読んでみてくださいね。

顔脱毛の前日にする事前処理の方法や注意事項

シェービング

顔脱毛する前処理として、自己処理をお願いされるサロンやクリニックがほとんどです。

シェービングの方法は、前日までに肌への負担が少ない電気シェーバーを使って、産毛のシェービングを行い準備しましょう。

このときカミソリを使って剃ると、かみそり負けをして肌トラブルを起こしたり、肌を傷つけて出血したり、乾燥肌を引き起こしてしまう可能性が高いので、カミソリを使って処理することは避けます。

また毛を抜くと、脱毛の照射を当てたい毛根まで取り除かれてしまうので、脱毛効果がなくなってしまうので、毛抜きを使うことも避けましょう。

剃る範囲

剃る範囲は、脱毛する範囲に合わせて顔そりをしていきます。

このとき「おでこはどこまで剃るの」と迷ってしまう方もいると思いますが、髪やこめかみの生え際から1cmほどは残しておくのがおすすめです。

生え際の産毛が気になる方もいるかもしれませんが、産毛は顔の影を作ってくれるので、小顔効果があります。

生え際までツルツルにしてしまうと、顔が大きく見えてしまったり、顔脱毛することが逆に不自然に見え流こともあるので、ご注意くださいね。

顔脱毛でおでこに自信!おでこ脱毛のメリットや疑問を解説!
保湿して肌のコンディションを整える

シェービング後は、たっぷり保湿をして肌のコンディションを整えておきましょう。

肌の保湿がしっかりとされていると、肌のバリア機能が効果を発揮し、照射の刺激から肌を守ってくれます。

逆にニキビができていたり、極端に乾燥しているようなコンディションの悪い肌は、肌トラブルを起こしてしまう可能性が高まり、最悪の場合には、顔脱毛をお断りされてしまうこともあるので注意が必要です。

顔脱毛の直前だけでなく、日頃から肌のコンディションを整えておくとよいでしょう。

日焼けはNG

日焼けをしている黒い肌は、照射の光が肌のメラニン色素に反応して、やけどのリスクが高まってしまうため、顔脱毛することができません。

日焼けをしないように、前日はもちろん、脱毛期間中は日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子を使って紫外線対策をしっかりと行いましょう。

顔脱毛は事前準備をしておくと効果が高まる

先ほどご紹介した事前準備をしっかりとしておくと、当日の顔脱毛の施術がスムーズにいくだけでなく、脱毛効果が高まるという嬉しいメリットもあります。

詳しくご紹介していきましょう。

保湿が脱毛の熱から守ってくれる

しっかり保湿されている肌は、肌のバリア機能が高まっている状態です。

肌のバリア機能が高いと、脱毛の照射の熱から守ってくれるので、個人差はありますが脱毛中は痛みを感じにくくなったり、脱毛後は肌荒れや肌トラブル、炎症、感染症などを予防してくれます。

最大限に脱毛効果を発揮する

潤っていてトラブルなどの問題がない肌は、脱毛の照射が毛根までしっかりと届くので、最大限に脱毛効果を発揮すること可能です。

潤いのある柔らかい肌は、ムダ毛が抜けやすい肌環境になるので、肌トラブルのある肌に比べて、脱毛回数や期間も最低限に短くすることができるでしょう。

顔脱毛のメリットを実感できる

しっかりと事前準備をして顔脱毛がスムーズに行えると、肌がワントーン明るくなり、毛穴が目立たなくなることでキメが細かくなるなど、顔脱毛の美肌効果を実感することができます。

産毛がなくなることで、メイクノリがよくなり、メイク崩れも気にならなくなるなど、顔脱毛のメリットをたくさん感じることができるでしょう。

シェービング代がかからない

シェービングできていない箇所があると、お手入れしてもらえない場合や、シェービング代として別料金がかかる場合など、サロンやクリニックによって対応が異なります。

しっかりと鏡を見ながら、準備しておくことが大切です。

前日にしっかり準備して顔脱毛の効果を高めよう

顔脱毛を受けるには、前日にシェービングや保湿など、しっかりと準備をしておくことが大切です。

前日だけでなく、脱毛期間中は日焼け対策をしたり、保湿をたっぷりするなど、肌のコンディションを常に整えておくことをおすすめします。

顔脱毛をの効果を高めて、ツルツルの美肌を手に入れましょう。