Full Epi

女子ならついてまわる悩み…生理中でも脱毛できる?

月に一度やってくる、気分も体調もすぐれない月経。

女子なら必ず直面する生理的現象です。
全身脱毛のプランは2〜3カ月に1回施術を行うことが多いですが、仕事やプライベートのスケジュールだけでなく、生理周期も考慮する必要があるんです。
生理中は体調や気分がすぐれないというのももちろんですが、ホルモンバランスが乱れるため、むくみ・便秘・肌荒れなどのマイナートラブルが起きやすい時期でもあります。

ホルモンバランスという観点から見ると、女性の生理周期は卵胞ホルモンと黄体ホルモンが交互に分泌するという形で成り立っています。

「この日から明確にこのホルモンが優勢になる」というのではなく、生理の数日前から少しずつホルモンのチェンジが行われています。

そのため生理数日前からホルモンバランスが不安定となっており、通常時と比べ脱毛の効果が出にくくなる可能性があるのです。

ホルモンバランスが不安定な時期は、お肌が荒れ気味でトラブルが起きやすく、痛みを強く感じやすいタイミングでもあります。

実際に全身脱毛を受けている人の感想では、生理前や生理中の施術の効果は薄めで、生理後の施術の効果が高い毛の抜ける量が違っているという声も多くあります。

これは、施術を受けるタイミングによって脱毛の効果が変わるということを表しています。

ですが、どのタイミングでも脱毛の施術は1回としてカウントされます。

全身脱毛を回数制で契約している場合はとくに、1回の施術で最大限の効果を得たいですから、予約を入れるタイミングは慎重に決めるようにしたいものです。

脱毛のベストなタイミングはいつ?

脱毛の施術を受ける際、ベストなタイミングは生理終了〜次回生理の1週間前までです。

28日周期の人の場合は、生理が終わるまでだいたい1週間として、脱毛に適した期間がおよそ14日間あります。

その間に脱毛の予約を入れるようにしましょう。

この時期はホルモンバランスが安定しており、気分も体調も安定しています。
出血もなく、vioの脱毛にも支障がありません。
実際には生理周期は数日前後することがあり、予定どおりに生理がこないこともありますが、どうしても避けたい時期は「生理前数日〜生理中」の10日間ほどです。
ベストなタイミングで予約を入れられないときでも、どうしても避けたい期間を除いて予約を入れるようにするとよいでしょう。

人気脱毛サロンの生理への対応

ときには生理の予定が大きく狂い、予約した日に生理がきてしまうということもあるでしょう。

ですが生理中でも施術が受けられるサロンがあります。
出血しているとVIOの施術はできませんが、それ以外の部位なら受けられることも。
代表的なサロンの、生理への対応は以下のとおりです。

キレイモ

キレイモでは、生理中でもVIOとヒップ以外の部位の施術が可能です。

VIOとヒップの施術の場合はキャンセルをして予約を取り直すことになりますが、生理だからといって特別な救済策はなく、通常通りのペナルティを受けることになりますので注意が必要です。


ミュゼ

ミュゼでは、生理中の人はデリケートゾーンの施術をすることができません。

他の部位の施術は可能ですが、痛み止めの服用をしている場合は施術できませんので、生理痛がひどくて薬を飲む習慣のある人は気をつけましょう。
ミュゼは当日キャンセルでもペナルティがありませんので、生理がひどい人は無理をせず予約を取り直すのがベターです。


銀座カラー

銀座カラーでは、生理中のVIO の施術はできません。

生理だからといって特別な救済策はありませんので、通常のペナルティを受けることになります。
キャンセルできる期限までに生理の兆候があるようなら、すぐに手続きするようにしましょう。


恋肌(こいはだ)

恋肌(こいはだ)では、生理中のVIOとヒップの施術はできません。

生理だからといって特別な救済策はなく、通常のペナルティを受けることになります。
キャンセルできる期限までに生理の兆候があれば、すぐに連絡するようにしましょう。


コロリー

コロリーでは、生理中のVIOとヒップの施術はできません。

ですが当日キャンセルをしてもペナルティが課されませんので、生理中は無理をせず予約を取り直すことをおすすめします。


シースリー

シースリーでは、生理中はすべての部位の脱毛施術を受けることはできません。

当日急に生理になったら、施術の1分前までにサロンに連絡すればペナルティを課せられることはありません。
もし連絡がつかなくても、店舗に着信履歴さえ残っていれば大丈夫ですので、忘れずに電話を入れるようにしましょう。


脱毛ラボ

脱毛ラボでは、生理中のVIOとヒップの施術はできません。

それ以外の部位の施術は可能ですが、痛み止めの服用をしている場合は施術できませんので、生理痛がひどい人はうっかり飲んでしまわないよう注意しておきましょう。
まだ脱毛ラボでは、生理中のキャンセル特例などはありません。
キャンセルできる期限までに生理の兆候があるようなら、すぐに手続きするようにしましょう。


できるだけ生理中・生理前後は避けて予約がベター

脱毛の施術は、いきなりサロンを訪れてしてもらうのではなく、必ず予約をしてから出向くようになっています。

そのため、自身の生理周期をきちんと把握し、生理前や生理中に予約を入れないようにまずは気をつけましょう。

それでも女性の体は繊細ですから、数日の乱れはよくあります。

そのような場合はキャンセル期限までにいったんキャンセルし、別の日に予約を取り直すことも検討しましょう。

脱毛サロンはいつまでにキャンセルすればいい?

生理不順で次の生理の予測がしにくいという場合は、基礎体温を測ってみるのもひとつの方法です。

低温期と高温期をなんとなくでも把握しておくと、次の生理がだいたいこれぐらいの時期にきそうだという予測がつきます。

支障がなさそうな時期に脱毛の予約を入れておき、その都度細かい調整を行っていくのがベターでしょう。

また、あらかじめ生理への対応が親身な脱毛サロンを選んでおくのもいいですね。

女子には必ずついてまわる毎月の生理。

全身脱毛は高いお金をかけ、数年という時間をかけて行うメンテナンス作業です。

体のリズムと上手に付き合いながら、最もよいパフォーマンスをあげていきたいですね。