Full Epi

医療脱毛の痛みの原因と痛みを和らげるために実施したいこと8つ

「医療脱毛にチャレンジしてみたいけど、痛そうで怖い」というイメージがあり、あと一歩踏み出せないでいませんか?

医療脱毛の口コミでも、「医療脱毛は痛みがある」というコメントが多いので躊躇してしまいますよね。

こちらでは、医療脱毛の痛みの原因とはどのようなものなのかを検証し、医療脱毛による痛みへの対策をご紹介します。

医療脱毛による“痛み”というハードルを越えさえすればツルツルの素肌が待っている事でしょう!

医療脱毛が痛みを生じやすい理由

「せっかく医療脱毛をスタートしたど、エステの光脱毛よりも痛い」という口コミが多いのが事実です。

では、なぜ医療脱毛が痛みを発生させてしまうのでしょうか。

痛みの大きな理由は、医療脱毛で使用されるレーザーはエステの光脱毛と比較すると、強い出力のレーザーを照射するからです。

特に痛みを感じる部位

医療脱毛で痛みを感じる部位は以下のような部位です。

ビキニライン
脇の下
口周り
骨付近(指や膝など)

ビキニラインや口周りは皮膚が薄いために、医療脱毛の痛みが感じやすいと言えるでしょう。

また、脇の下は比較的濃くて太いメラニン色素を多く含む毛が生えるために、医療レーザーの刺激を受けやすくなります。

ムダ毛の量が多い部分では、照射されるメラニンが多いために痛みが強いです。

ですから、初回は痛みが出やすくなるでしょう。

だんだんに脱毛を重ねていく事で、毛の量が減り、痛みも和らいでいきます。

初回だけ痛みを我慢すれば、徐々に痛みからは解放されるのです。

医療脱毛の痛みをあらかじめ避けるためにとるべき策とは

医療脱毛をするからには、最後まで痛みを気にせずにツルツルの肌を目指したいものです。

そのような痛みのリスクから解放されるには、以下のように、あらかじめ刺激を受けにくい状態にしておく事が大切でしょう。

日焼け対策は十分に

レーザーはメラニン色素の濃い部分に強く反応します。

ですから、医療レーザーを受ける前に強い紫外線に当たったり、日焼けしたりするような行為は避けなければならないでしょう。

直射日光に当たらないように、万全な日焼け対策をしておく必要がありますね。

日傘やUV化粧品が効果的です。

乾燥対策をしっかりと

肌が乾燥していると肌を外部刺激から守るバリア機能が乱れてしまいます。

その乱れた部分にレーザーが当たる事で、刺激を受けやすくなるでしょう。

そのようにならないためにも、肌の保湿は十分に行うようにしたいものです。

顔の脱毛ならば、化粧水や乳液をつけるようにします。

体の脱毛であればボディクリームなどで保湿するようにしましょう。

肌がデリケートな時は脱毛を避ける

肌が敏感になっているときは、医療脱毛に限らず、あらゆる脱毛が刺激になることか多いです。

花粉症などのアレルギーを持っている人は、反応してしまう花粉がたくさん出回る時期に脱毛するのを控えましょう。

例えばスギ花粉アレルギーの方は春先に脱毛する事を控えたり、ブタクサアレルギーであれば、秋に脱毛したりすることを避けましょう。

また、生理前後なども肌が敏感になりやすい時期ですから、生理が終わってから数日経過した時に医療脱毛するのがベストなタイミングです。

医療脱毛前に市販の鎮痛剤を服薬する

医療脱毛を行う時間前に市販のロキソニンやイブ、バファリンなどの鎮痛薬を飲用することで施術時の痛みを緩和することができるでしょう。

その場合、あらかじめ医療機関に承諾を得る事が大切です。

カフェインを摂取しないようにする

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは、交感神経を敏感にする効果があります。

多量に摂取してから医療脱毛を受けると痛みがより一層、ひどくなります。

施術前は、なるべくカフェインを含む飲み物を飲用することはやめましょう。

医療機関にて痛みを軽減させる方法

医療脱毛は医師免許を持っている医師にしかできない行為です。

ですから、痛みを生じた時も安心して医師の対応が受けられるという事になります。

医師による痛みを抑える方法は以下に記載するようなものです。

医療脱毛後の痛みを抑えるには、医師から痛み止めを処方してもらう事が可能です。

麻酔をする

痛み止めなどの薬処方同様、医師だからこそできる痛み対策が、麻酔です。

医療脱毛に使用するのは、クリーム麻酔やテープ麻酔、笑気麻酔のような軽い部分麻酔と言えるでしょう。

クリニックより違いがありますが、麻酔相場は1回3,000円程度です。

最初に行われるカウンセリングでは、痛みに対する対策の説明があるでしょう。

その時に、麻酔や痛み止めの使用有無の確認も行われます。

脇の下などは、医療脱毛の痛みに耐えられる事が多いです。

ですが、VI Oゾーンなどの痛みは我慢せずに麻酔を使用しながら脱毛するとストレスを感じずに医療脱毛に挑めるでしょう。

脱毛機器の出力を弱めてもらう

痛みが我慢できないのであれば、遠慮なく医師にレーザーの出力調整を行なってもらうべきです。

氷嚢で冷やす

氷嚢で冷やしながら医療脱毛を受けると、痛みは和らぎます。

医療脱毛に限らずエステでの脱毛やセルフ脱毛でも試される事があるでしょう。

痛みに弱い人向けのおすすめレーザー脱毛器

痛みに敏感な人にとって、医療脱毛での痛みは脅威ですよね。

そこで、痛みが比較的少ないと言われているレーザー機器をご紹介します。

アレキサンドライトレーザー

一般的なクリニックで用いられているレーザーです。
照射範囲が広く照射漏れが少ないのが魅力。
お肌に接触せずに照射するため、VIOラインなど衛生面が気になる部位への照射にも適しています。
日本人のお肌の色とも相性がいいので、照射時の痛みが少なく済むのが特徴。
機種によってはお肌を冷やすガスを出しながら照射できるためお肌の炎症を抑えることができ、照射時の痛みも少なくなりますよ。
代表機種には、ジェントルレーズが有名です。
ジェントルレーズはメラニン色素への反応が強いため、シミ改善にも効果を発揮しますが痛みが強いため冷却ガスを使ってお肌を冷やしながら照射が行われます。

アレキサンドライトレーザー脱毛器の特徴・扱っているクリニックはこちら
ダイオードレーザー

こちらもクリニックでよく導入されているレーザーでアレキサンドライトレーザーに比べると出力が高くなります。

黒く太いだけでなく産毛のような薄く細い毛にも対応できるのが特徴。

高出力の場合は、痛みが強くなることもありますが、通常レベルでの出力であれば痛みも少なくなります。

代表機種には、ライトシェアデュエットやソプラノがあります。

ライトシェアデュエットは照射範囲が広く、スピーディな脱毛が可能になります。

ソプラノはレーザーの出力自体は低く、ダイオードレーザーの中でも痛みが少ないと言われています。

ダイオードレーザー脱毛器の特徴・扱っているクリニックはこちら
ヤグレーザー

YAGレーザーとも呼ばれるヤグレーザーは、レーザー機器の中でも古くから美容業界で利用されてきました。

アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーに比べるとメラニン色素への働きかけが弱く、その分脱毛力も弱くなりますが痛みは少ないのが特徴。

代表機種にはG-MAXがあります。G-MAXは、ヤグレーザーとともにアレキサンドライトレーザーを備えており、毛の種類や部位によって使い分けることができます。

ヤグレーザー脱毛器の特徴・扱っているクリニックはこちら

信頼できる医師のもと、素早い脱毛効果が期待できる医療脱毛にチャレンジしたいという女性は多いです。

ですが、「医療脱毛には痛みが伴う」という不安がつきまとうため、「なかなか医療脱毛に挑めない…」という人もいるでしょう。

この記事では、医療脱毛の痛みを緩和させる様々な方法を検証してきました。

これらの痛み対策をうまく併用することで、医療脱毛に対する痛みへの恐怖や不安が無くなることを祈ります。