Full Epi

【ミュゼの支払い方法完全理解】高額コースでも分割払いで申込み可能?

激安サロンの代表格として挙げられるミュゼプラチナムでは、利用者の利便性を向上させるために、現金やクレジットカード以外の支払い方法にも対応しています。

高額になるセットコースや全身脱毛でも、お小遣いの範囲で申し込める可能性がありますので、カウンセリングに行く前にポイントをしっかり押さえておきましょう。

ミュゼで対応している3つの支払い方法

ワキ脱毛の施術が100円で受けられるおトク脱毛や部位をまとめたコース、全身脱毛など、豊富なサービスを用意しているミュゼでは、利用者のお財布事情やライフスタイルに合わせて、3つの支払い方法に対応しています。

まずは、それぞれの支払い方法の概要や、メリットとデメリットを確認していきましょう。

現金払い

生活に余裕があって、まとまった出費をしても問題ないという方は、現金で支払う方法が一番安心できますね。

後の支払いを心配することなく、申し込んだ回数の施術が受けられて、憧れのツルスベ肌が目指せます。

クレジットカード払い

クレジットカードを持っている場合は、手数料がかからない支払い方法(一括、2回払い、ボーナス払いなど)で決済することで、カード会社のポイントが付与されるというメリットがあります。

サロンで契約した後すぐに、銀行口座に利用料金を入れておけば、引き落とし日までにお金を使ってしまうことが防げますし、お店にもキャッシュレスで足を運べますので安心です。

分割払い(信販会社)

ミュゼの公式サイトに詳細は記載されていませんが(2019年1月26日時点)、信販会社を介してローンを組むことで、脱毛料金を分割払いにできます。

手元にまとまったお金がないけど、全身脱毛などの高額コースを申し込みたい方には、うってつけの支払い方法です。

ただし、分割払いにすることによって利息が発生する点は、デメリットと言えますね。

ちなみに、信販会社は申し込むコースや店舗によって異なりますし、審査基準も変わってくるようです。

どの信販会社になるかは、電話などで事前に教えてもらうことはできませんので、カウンセリングの時に確認しましょう。

ミュゼが利用している信販会社と毎月の口座引き落とし日
信販会社 引き落とし日
日本プラム信販 5日
太平信販 27日
Eコーポレーション 27日
アーチ企業 28日
エクセル信販 28日
ワンライフ信販 28日

分割した料金の引き落とし日に銀行口座が残高不足だった場合、再度、口座引き落としをしない信販会社もありますので、この点も契約時に必ずサロンのスタッフに聞いておきましょう。

クレジットカード利用時の注意点

クレジットカードは、現金を持ち歩かなくてもいいだけでなく、後から支払い方法を分割に変更できるサービス(リボ払い)も便利ですよね。

また、信販会社のように、脱毛料金を最初から分割払いにできるカード会社もあります。

ただし、いずれの支払い方法でも利息が発生して、支払総額が増えることをお忘れなく。

(※2回払いまでなら無利息のクレジットカードもあります)

さらに、クレジットカードの分割払いとリボ払いでは、元金の減り方が変わってくる点なども覚えておかなくてはなりません。

では、2つの支払い方法の特徴と、支払総額や利息を比較してみましょう。

リボ払いは支払回数が長くなることも

リボ払いは、高額の脱毛コースでも毎月の支払い額を1〜2万円程度に抑えることができる一方で、支払い期間が長くなればなるほど利息が増えてしまうのがネックです。

また、クレジットカード会社によっては、他の買い物の支払いも含めてリボ払いになるケースもあるため、元金がなかなか減らないというデメリットもあります。

このような特徴を踏まえて、リボ払いにしたらお金に余裕が出た時に支払額を増やすようにして、元金を減らして支払期間を短くすることを心掛けましょう。

ミュゼの全身脱毛コース・JCBカードリボ払いの支払い例
カード利用料金(脱毛料金のみ) 315,000円
手数料(実質年率) 15.0%
お支払いコース(支払い方法) 毎月定額(10,000円)
支払い回数 32回
手数料総額 63,165円
総支払額 378,165円
分割払いは回数を短くすれば手数料が安くなる

支払い方法が毎月一定額であるリボに対して、分割払いは回数によって支払額が変わってきます。

当然、支払い回数が少なければ手数料もかなり安くなりますので、ご自身の生活と照らし合わせてシミュレーションしてみてください。

ミュゼの全身脱毛コース・JCBカード分割払いの支払い例・10回払い
カード利用料金(脱毛料金のみ) 315,000円
手数料(実質年率) 15.0%
お支払いコース(支払い方法) 毎月変動(30,000円前後)
支払い回数 10回
手数料総額 21,907円
総支払額 336,097円
ミュゼの全身脱毛コース・JCBカード分割払いの支払い例・5回払い
カード利用料金(脱毛料金のみ) 315,000円
手数料(実質年率) 15.0%
お支払いコース(支払い方法) 毎月変動(60,400円前後)
支払い回数 5回
手数料総額 10,948円
総支払額 325,948円

ネットに多いミュゼの間違った支払い方法とは?

インターネットでミュゼの支払い方法を公式ページ以外で調べてみると、間違った情報が記載されているサイトが意外と多いです。

ミュゼのカウンセリングに行なって脱毛を受けようと決めたものの、契約の段階で事実と違うことに気がついた、なんてトラブルを避けるためにも、正しい情報を事前に押さえておきましょう。

では、代表的な3つの間違った情報をまとめていきます。

クレジットカードはVISAとMasterCard以外はできない

ミュゼで扱っているクレジット払いは、VISAとMasterCardだけではありません。

この2つのカードは全店共通で使えますが、JCBやアメリカン・エクスプレス、デビッドカードなども、店舗によって利用できます。

カード払いを考えている方は、カウンセリングの予約をする前に、電話で取り扱いカードを必ず確認してくださいね。

もし、自分が持っているクレジットカードに対応していなかったら、別の店舗で契約するというのも1つの方法です。

ミュゼは店舗移動が自由になっており、契約店と施術を受けるサロンが別でも問題ありません。

こうしたシステムをうまく活用して、自分に合った支払い方法を選ぶといいですね。

ミュゼには自社ローンがある

利息が安く設定されている「自社ローン」を用意している脱毛サロンもありますが、残念ながらミュゼで扱っているのは信販ローンのみです。

一時金を支払えば契約できる

ミュゼでは、施術料金を現金かクレジットカードで決済するか、ローンを組むという方法でしか契約できません。

一時金を支払って、残りは後払いにするといった方法には対応していませんので、注意してくださいね!

ミュゼで脱毛するなら店舗ごとの支払い方法も必ず確認

店舗の移動が自由で施術費用が安いミュゼですが、このように支払い方法は店舗ごとに異なります。

クレジットカードを利用する予定の方は、スムーズに契約して1日でもはやく脱毛をスタートさせるためにも、本記事を参考にしつつ、サロンに電話をかけて利用可能なカードを必ず確認してくださいね。

また、クレジットカードのリボ払いや分割払い、信販ローンを組む場合は、毎月の支出と収入のバランスを考慮して、無理のない支払額はいくらか、しっかりシミュレーションしておきましょう。

口座引き落としの日にお金の用意が間に合わないことが続くと、脱毛の契約が解除になって施術が受けられなくなることもあるため注意が必要です。