Full Epi

全身脱毛の月額制には落とし穴がある!料金を信じてはいけない理由


全身脱毛は60万円以上していた一昔前と比べ、かなり安くなりましたが最低でも10万円は超えてしまう高額な買い物であることは今も変わりません。

それなのに今は高校生だって普通に脱毛サロンに通っているのは、「月額制で全身脱毛ができるから」なんです。

月額制なら毎月数千円(※今月の最安値は恋肌(こいはだ))で全身脱毛することができるので、高校生のアルバイト代だって十分に通えちゃいますよね。

しかも色々なニーズに合わせた特典も豊富

また、最近では色々な条件に合ったコースや特典が多く、学生さんは全身脱毛を学割で安く通うことができたり、今通っているサロンから他のサロンに変える全身脱毛の乗り換え割が当たり前になっているなど、より幅広い年齢の女性が通いやすい状況になっています。

ただ、この月額制、月の支払額が安いという大きなメリットの裏に、実は大きなデメリットも潜んでいるんです。

そのあたりをしっかり理解していないと痛い目を見てしまいますので、まずは月額制のシステムについてしっかりと知識を付けておきましょう。

月額制には2タイプ!知らずに損する危険あり!!

同じ月額制でも、習い事の月謝を払うのと同じように払い続ければ満足するまで通えるタイプと、全身脱毛の総額を分割して支払っていくタイプがあります。

ここが大きな違いなのでしっかり読み進めてくださいね。

お月謝型の支払いタイプ

習い事の月謝と同じ、辞めたくなったら手続きをして翌月から引き落としを止めてもらうスタイルなので、最低期間はあるものの、辞めたいときいつでも辞められるところが最大のメリットです。

月額制のデメリットは、辞めたいと言わない限り永遠に毎月お金がかかってしまうこと。
毎月少額なので気にならないかもしれませんが、トータル金額を計算してびっくり!というケースもあるので注意が必要です。

サロン 月額 キャンペーン 料金・口コミ
キレイモ 9,500円 初月分無料 詳細はこちら
恋肌(こいはだ) 1,435円 12ヵ月無料 詳細はこちら
ストラッシュ 7,980円 初月0円 --
脱毛ラボ 1,990円 15ヵ月無料 詳細はこちら

※スマートフォンの方は右にスクロールをすると詳細を見ることができます。

分割型の支払いタイプ

最初に決めた金額を分割して支払うスタイル。
申込時に支払いの総額が決まっているので、追加料金などお金の心配を一切しないで通えるのがメリットです。

ただし、分割型はローンを組んで支払いをするケースが多いので、信販会社の審査に通過しないと月額制での契約ができないのが最大のデメリットです。

サロン 月額 キャンペーン 料金・口コミ
銀座カラー 3,300円 - 詳細はこちら
ミュゼ 8,400円 ミュゼアプリ半額 詳細はこちら
シースリー 5,800円 2ヵ月間無料 詳細はこちら

※スマートフォンの方は右にスクロールをすると詳細を見ることができます。

どちらもメリットとデメリットがありますが、ある程度で脱毛OKな人はお月謝型とことん通いたい人は分割型のサロンを選ぶのがおすすめです。

さらにあった月額制の落とし穴!月額料金だけ見てちゃだめ!!

月額の安さだけを見て脱毛サロンを決めちゃうのはかなり危険です。
でも、月額9,500円と月額1,990円なら迷わず月額1,990円のサロンを選びますよね。

そこが落とし穴!!

実態はこうなっています。

  1. 月額9,500円は12回払い=総額114,000円
  2. 月額1,990円は60回払い=総額119,400円

月額は安いけど支払い期間の設定が長いだけで、しかもトータルの支払額も5,400円高い!
※全身脱毛を各部位6回で申し込んだ場合

さらに、通う期間も12回払いは12か月間なのに対し60回払いは60か月、なんと5年間60回も脱毛サロンに足しげく通い続けなくてはいけないという、気が遠くなる「安さトラップ」が仕掛けられているんです。

全身脱毛の単価を比較してみるのが大切!

脱毛サロンの支払い方はぞれぞれ違うので、全身脱毛1回分の料金を出してみるとよく分かります。 また、料金だけでなく、全身脱毛するペースもそれぞれ違うので確認しておかないとショックを受けてしまうかも。

月額制の全身脱毛を始めるときは、月額料金、支払い回数、全身脱毛の総額を事前にチェックしておきましょう。

ではさっそく、全身脱毛を18回する場合の料金を比較してみます。

サロン 月額 回数 総額
キレイモ 9,500円 18回 342,000円
恋肌(こいはだ) 1,435円 18回 309,960円
ストラッシュ 7,980円 18回 287,280円
脱毛ラボ 1,990円 18回 429,840円
シースリー 5,800円 通い放題 420,028円

※スマートフォンの方は右にスクロールをすると詳細を見ることができます。

このように、月額料金だけを信じてしまうと最終的に高くついてしまう可能性があります。

特に脱毛ラボは月々2,000円以下の支払いで全身脱毛ができますが、18回以上通うとなると高額です。

月額払いで全身脱毛をする時には、最終的にいくらかかるのかを確認しておくことが大切です。

18回ぐらいで検討をしているのならストラッシュ恋肌(こいはだ)キレイモなら費用を抑えることができますが、永久脱毛を目指すのであればシースリーがいいでしょう。

シースリーは、全身脱毛の総額を毎月5,800円で分割をする支払い方で、支払いが完了しても一生通い放題ができます。

何年か経って、もしムダ毛が復活してしまったとしても安心です。

シースリー

シースリーの全身脱毛は、顔とvioむ全身360度の施術が可能です。

他のサロンや医療脱毛では対象外とされる首や眉間も照射ができるのもポイントが高いです。

脱毛器は濃い毛や太い毛に効果が高いIPL脱毛を採用しているので、1回目から効果を実感できるでしょう。

全身脱毛っていくらかかる?料金相場・完了までの総額を徹底比較
コース 月額 総額
プレミアム全身脱毛 5,800円 407,638円

全身脱毛を月謝型の月額制にするメリット・デメリット

月額型の月額制全身脱毛とは、毎月の支払いがあらかじめ決まっていて、その金額を支払うことで全身脱毛を継続できます。

全身脱毛を月額型の月額制にするメリットとデメリットとはどのようなものでしょうか?

メリット1.毎月の支払いの負担が軽い

月額型の全身脱毛の最大のメリットは、毎月の支払い負担が軽いということです。

回数パックプランと比べて、契約時にまとまった費用の支払いが不要で、毎月少額で全身脱毛をはじめることができます。

「初期費用を準備できていない」という女性に人気が高いプランです。

学生さんや主婦の方など、「お小遣いが少なくてまとまったお金を用意できない」という方でも、習い事に通う感覚で全身脱毛に通えるのがメリットです。

メリット2.好きなタイミングでやめられる

月額型の全身脱毛は、月単位での利用になるので、好きなタイミングでやめられるというのが魅力です。

まとまった回数を契約した場合、途中解約すると解約手数料が必要だったり、手続きが面倒だったりしますが、月額制の場合は、やめたい月の前月までにサロン側に伝えるだけでOKです。

解約の申し込みが遅れると、次月の支払いが済んでしまうので、利用しているサロンの規定に従いましょう。

月額型の月額制なら、解約の手続きは必要なく、電話1本でやめられるケースが多いですし、返金や追加の請求もないので、気軽に全身脱毛を始められるのもいいですね。

デメリット1.通い方に縛りがあるケースが多い

月額型の月額制全身脱毛は、通う頻度が細かく決められています

2か月に1回、3か月に1回など、通う頻度以外にも、当日施術する部位が細かく決められているケースが多いです。

なかには月1回来店で、4分の1ずつ施術、全身脱毛1周あたり4か月かかるというサロンもあります。

それぞれのサロンによってこの設定が大きく変わるので、サロン選びの際には月額料金で判断するのではなく、細かい決まりをチェックする必要があります。

また来店する回数が多くなると、その分サロンの予約の空き状況と自分の予定を合わせなければいけません。

万が一、自分の予定とサロンの都合が合わない場合、希望の日時に予約が取れないというケースも発生します。

月額型の全身脱毛を利用する場合は、自分のライフスタイルに合っているか、長い目で見て通い続けられるかという点もしっかりチェックしておきましょう。

デメリット2.脱毛完了までにかかる期間が長い

月額型の全身脱毛の多くは、いくつかのパーツに分けて施術していくことがほとんどです。

月額料金が安ければ安いほど、1か月に脱毛できるパーツが少なく、全身脱毛1周を終えるのに数か月、1年かかるというケースもあるほど。

また光脱毛は、毛周期に合わせて施術していくのが効果的なので、脱毛間隔があいてしまうと効果が弱まるというのもデメリットです。

ツルツルになるまで全身脱毛は18回ほど必要になるので、脱毛完了までにかかる期間もその分長くなります。

「早く全身脱毛を終わらせたい」という方には、月額型の全身脱毛は向いていません

できるだけ早く脱毛を終わらせたいという方は、月額料金の安さで選ばずに、1回の来店で全身脱毛1周できるサロンを利用するのがおすすめです。

全身脱毛を分割型の月額制にするメリット・デメリット

月額制の全身脱毛には、月額料金が決まっている月額型のほかに、総額を分割にして支払う分割型もあります。

全身脱毛を分割型の月額制にするメリットとデメリットは、どのようなものでしょうか?

メリット1.支払いの上限が決まっている

月額型の月額制は終わりがなく、最終的にいくらかかるのかという不安がありますが、分割型の月額制は、はじめに総額が決まっているのでそのような不安がありません。

支払いの上限が決まっているので、その支払いが終われば終了です。

契約した回数分の施術が終われば、継続するか、そこで終了するか選ぶことができます。

メリット2.月額料金を自由に設定できる

分割型の月額制全身脱毛は、毎月の支払い金額を自由に設定できます

「毎月このくらいであれば支払える」という金額に設定できるので、無理なく全身脱毛を始めることができるのがメリットです。

また支払いの回数を少なく設定すれば、分割手数料を安く抑えることが可能。

契約時にまとまった資金は用意できないけど、今すぐに全身脱毛をはじめたいという方におすすめです。

メリット3.自由なペースで通える

月額型の月額制と違い、サロンによって差はありますが、分割型は通う頻度が決まっていないので、自分のペースで利用できることが多いです。

最低でもあけなければいけない脱毛間隔はありますが、それ以上間隔を開ければいつ施術を受けても構いません。

忙しくて時間が取れない場合や、希望の日時に予約が取れない場合も消化扱いになることなく、好きなタイミングで利用することができます。

デメリット1.分割手数料がかかる

分割型の月額制は、総額を分割して支払っていくタイプなので、脱毛料金以外に分割手数料が必要になります。

最初にローン会社の審査を受け、それに受かれば晴れてローンを利用できます。

いったんローン会社から脱毛料金をサロン側に支払ってもらい、毎月分割して脱毛料金と手数料をローン会社に返していくという仕組みです。

毎月の支払い金額や分割回数は自由に設定できるので、無理のない範囲で月額料金を決めましょう。

デメリット2.途中で解約する場合、手続きや手数料がかかる

分割型の月額制を途中で解約する場合、解約の書類に記入するため、一度サロンに来店しなければいけません。

解約希望の電話をした時に、次回手続きのために来店する日時を決めます。

また施術を受けた分の料金が未納になっている場合、すぐに支払いを済ませる必要があります。

返金が発生する場合は、残りの回数分の料金の10%が解約手数料として差し引かれ、残りの金額が後日指定口座に入金されることになります。(上限は2万円)

医療脱毛の月額制は分割払いのみ

脱毛サロンには二種類の月額制がありますが、医療脱毛の月額制には分割型しかありません

総額を毎月分割して支払うタイプの月額制なので、好きなときにやめられるわけではないので気を付けましょう。

医療脱毛の月額制の魅力は、高額な医療脱毛を気軽にはじめられることです。

契約時にまとめて支払う必要がなく、毎月少しずつ支払いながら医療脱毛ができるので、金銭的な負担が軽いというのがメリットです。

医療脱毛の月額制を利用する場合は、分割手数料と総額のバランスを考えることが大切。

毎月の支払いを安く設定すると、分割回数が多くなり、手数料が増えてしまいます。

月額料金を払えるギリギリの範囲で設定しておくことが、分割手数料を抑える秘訣です。

医療脱毛の公式サイトでは、安く設定した月額料金が掲載されていますが、しっかりと総額を確認し、継続できる金額かどうか判断してはじめてくださいね。

月額制でサロンに行かない月はどうなるの?

月額制の全身脱毛プランを利用した場合、サロンに行かない月はどのようになるのか気になりますよね。

毎月決まった金額が口座から引き落とされる訳ですが、行かない月まで支払わないといけないのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

結論からいうと、行かない月も支払いが発生するので、指定口座から月額料金が引き落とされる仕組みです。

「なぜ行かない月なのに引き落とされるの?」と納得がいかない気持ちも分かります!

しかし行かない月の引き落としも合算した料金が、全身脱毛1回あたりの費用として計算されているのです。

例えば、2か月おきに施術を受けるサロンでは、来店するのは2か月に1回ですが、全身脱毛1回あたりの料金は2か月相当分の料金になります。

また月額制は通う頻度が決められていますが、都合が悪かったり、予約が取れなかったりする場合もありますよね。

そのような時でも月額料金は発生するので、支払わなければいけません。

つまり脱毛できなかった月も、支払わなくてもいいということはなく、施術を受けなかった分の費用もしっかり引き落とされます。

月額制の全身脱毛を利用する場合は、その点もしっかり考えて契約しなければいけません。

月額制の料金に惑わされてはダメ!最終的にいくらかかるのかを確認すべし

全身脱毛は、同じ月額制でも支払い方法の仕組みが異なるので、ちゃんと理解をした上で比較することが大切です。

お月謝型の脱毛サロンは、まずはお試しで全身脱毛をしてみたい人には解約もスムーズにできおすすめですが、そのサロンで完了させたいのであれば、途中で脱毛サロンを乗り換えるのも一つの手段。

これから全身脱毛をするのに、回数や総額を気にせず通いたいのであれば、通い放題が安心です。

一括払いであればキレイモストラッシュでも通い放題はできますが、月額払いで全身脱毛ができるのはシースリーだけなので、太い毛や濃い毛だけでなく産毛もキレイになくしたい&分割で支払いをしたいのであればおすすめです。