Full Epi

脱毛ラボはvio脱毛のみのプランはある?回数と効果まとめ!

脱毛ラボでデリケートゾーンの脱毛を考えている人の中には、

「脱毛ラボのvio脱毛はどんな内容か?」

「好きな形に脱毛できるのか?」

「前処理はどこまで必要なのか?」

など、いろいろな不安や疑問がありますよね。

プライベートな部分の脱毛だからこそ、契約前にいろいろな情報を取り入れておきたいものです。

そこで今回、脱毛ラボにはvio脱毛のみのプランがあるのか、脱毛方法と必要な回数について紹介します。

またvio脱毛をはじめるうえで、知っておきたい形や前処理について詳しく解説していくので、チェックしてみてくださいね。

脱毛ラボにはvio脱毛のみのプランはある?

脱毛ラボは、全身脱毛の月額制プランと回数パックプランの他にも、1回単発脱毛プランというサービスがあります。

1回単発脱毛プランとは、好きな部位を選んで、好きなときにその都度利用できるというものです。

vio脱毛のみのプランはありませんが、vラインとiライン、oラインの脱毛を利用すれば、デリケートゾーンをまとめて脱毛できます。

単発だと1回あたりの料金が高くなりそうなイメージですが、脱毛ラボはそのようなことはありません。

他サロンと比べても、単価が安く、お得に1部位から脱毛できるのが魅力。

また脱毛の進み具合によって、vラインとiラインだけ続けるなど、自由度が高いのがメリットです。

脱毛ラボの脱毛方法

脱毛ラボでは、S.S.C.脱毛(スムース・スキン・コントロール脱毛)という方法を採用。

抑毛効果のある成分を含んだジェルを塗り、そこに光を照射することで脱毛します。

光の熱によって抑毛成分のカプセルが弾け、中に入っている抑毛成分が毛根へと浸透していき、その効果によって、徐々に抑毛効果が発揮されるという仕組みです。

従来のIPL脱毛は、メラニン色素に反応する光を使用し、毛根部に対して熱エネルギーによるダメージを与えます。

そのため、メラニン色素の薄い産毛には効果が低いというのがデメリット。

しかし脱毛ラボのS.S.C.脱毛は、メラニン色素の濃さは関係なく、抑毛成分による効果のため、IPL脱毛で変化が出にくかった産毛に対しても高い脱毛効果を発揮します。

脱毛ラボのvio脱毛の料金

脱毛ラボを利用してvio脱毛する場合、全身脱毛か1回単発脱毛プランのどちらかを利用することになります。

もしvio脱毛のみしたいのであれば、1回単発脱毛プランがおすすめです。

1回単発脱毛プランなら、脱毛したい部位だけを選んで、必要な回数だけ利用できます。

1回単発脱毛プランでは、Vライン・Iライン・OラインはすべてMパーツとなり、それぞれ1回3,000円で利用できます。

またVライン上も脱毛したいという場合は、Sパーツとなるので、1回2,000円です。

1回単発脱毛プランは、まとまった回数を契約する必要がなく、脱毛したいときに予約して通い、施術後に支払いを済ませます。

しつこい勧誘もなく、好きなタイミングで通えるというのがいいですよね。

Sパーツ 2,000円
Mパーツ 3,000円
Lパーツ 4,000円

脱毛ラボのvio脱毛は何回通うと効果的?

脱毛をはじめる際に気になるのが、何回で効果を実感できるのかではないでしょうか。

脱毛ラボのS.S.C.脱毛は、完了まで18回程度の施術が必要です。

vio脱毛も同じように18回ほどの施術が必要になりますが、色素沈着や肌質によって最終的にかかる回数が変わります。

肌が色素沈着で黒ずんでいたり、乾燥したりしていると効果が出にくくなるので、効果を最大限にするために対策をしておきましょう。

脱毛ラボの脱毛効果を高める方法

乾燥しやすく、色素沈着によって黒ずみやすいデリケートゾーンは、サロンでの脱毛に加えて自宅でのお手入れが必要です。

vio脱毛の効果を高めるホームケアは、保湿ケアと美白ケアです。

肌が乾燥していると脱毛効果が弱まるだけでなく、照射時の痛みが増すので、結果的にレベルを下げることになり効果が低くなります。

また色素沈着によって肌が黒ずんでいる場合も、照射レベルを下げることに。

それどころか黒ずみが濃い場合は、火傷の危険性があるため、脱毛を断られるケースもあります。

vioラインは、ティッシュでこする頻度が多いうえに、一般的に保湿ケアをしない部位というのが、乾燥と黒ずみの原因です。

保湿ケアとあわせて美白ケアもしておくと、乾燥と黒ずみが改善し、脱毛効果が高まりますよ。

脱毛ラボのvio脱毛は全剃りするの?

脱毛ラボでは、vio脱毛を行う際、全剃りを推奨しています。

全ての毛を剃り、数回照射してから、形や毛量を整えていきます。

全部の毛を脱毛するハイジニーナをはじめ、vラインの毛を残すという場合も同じです。

そうすることで、脱毛した部位と残す部位の境目が柔らかい印象になり、自然な見た目に仕上がるのです。

実はハイジニーナにする女性は少なく、ほとんどがiラインとoラインの毛は全部脱毛、vラインの毛は残します。

その理由は、全部の毛を脱毛した方が快適だから。

しかし毛を残すか、全部を脱毛するか悩んでしまうのがvラインです。

vラインの毛も全て脱毛した方が快適ですが、見た目の問題で毛を少し残す人が多くいます。

どちらの場合もはじめは全体に数回照射するので、まずは全部の毛を剃ると理解しておきましょう。

【VIO脱毛の残し方】Vラインデザインや事前処理・減毛のやり方まで一挙公開!

脱毛ラボのvio脱毛は好きな形に脱毛できる?

脱毛ラボのvio脱毛は、好きな形に脱毛できて自由度が高いです。

iラインとoラインに関しては、全部の毛を脱毛する人が多いですが、vラインは好みが分かれます。

すべての毛を脱毛する人もいますが、自然な形に残す女性がほとんどです。

vラインの形は、逆三角形やたまご型、長方形など、様々な形から選べます。

イメージや理想の形で決めることもできますが、vラインの形や大きさを決めるときに大切なことは体型から似合う形や大きさを選ぶということです。

ふくよかな女性の場合、あまりにvラインを小さく整えてしまうと、より体型が大きく見える錯覚に陥ります。

また柔らかい雰囲気にしたい場合はたまご型、スマートな印象は長方形など、形によるイメージで選ぶのもいいですね。

どの形にすればいいのか分からないという場合は、脱毛ラボのスタッフさんに相談してみましょう。

これまで何十人、何百人という女性のvラインを見てきているので、どのようなスタイルが似合うのかアドバイスしてもらえますよ。

脱毛ラボはシェービング代が必要?

脱毛ラボでは、vio脱毛に限らず前処理が必要です。

自分のできる限りの範囲を処理してから、脱毛当日サロンに向かいましょう。

万が一、剃り残しがあった場合は、シェービング代を払えば手伝ってくれます。

vio脱毛の場合、1回1,500円のシェービング代がかかります。

シェービング代を支払えば、剃り残しを綺麗に処理してくれますが、できるだけ自己処理していくのをおすすめします。

なぜかというと、「シェービング代がかかる」ということ以外に、「施術時間が短くなる」という理由があります。

シェービングに時間がかかると、その分脱毛の時間が短くなるため、最後まで施術が終わらない可能性もあります。

予約で確保している時間は、着替えと脱毛のための時間なので、シェービングは含まれていません。

シェービング代を払えばいいというのではなく、できる限り剃り残しがないように来店したいですね。

脱毛ラボのvio脱毛は1回から利用できハイジニーナも可能!

脱毛ラボは、vio脱毛のセットはありませんが、好きな部位だけ脱毛できる1回単発脱毛プランがあります。

vライン脱毛とiライン脱毛、oライン脱毛をそれぞれ利用すれば、デリケートゾーン全体が脱毛できることに。

まとまった回数の契約は必要なく、1回ずつ利用でき、その都度支払うというプランです。

回数や期間の拘束もないので、好きなタイミングでvio脱毛に通えるのが魅力。

次の予約は、その場で取ることもできますし、後日電話でも可能です。

また脱毛ラボのvio脱毛は、好きな形を選べるので、全部をツルツルにするハイジニーナも、逆三角形など好きな形に整えることも可能です。

全部脱毛しない場合でも、はじめの数回は全処理し、毛量を調節するのがおすすめですよ。

脱毛のS.S.C.脱毛は、肌に優しい脱毛なので、デリケートなvio脱毛に適しています。

興味のある方は、1回から利用できる1回単発脱毛プランを利用してみてくださいね。