Full Epi

子供の脱毛は何歳から?キッズ脱毛でおすすめの脱毛サロン

脱毛は大人がやるものという時代は終わって、今は女子高生だけでなく女子中学生や小学生の間にも浸透してきていて、サロンの中には子供でもできる脱毛を謳っているところもありますよね。

では、実際に何歳くらいから脱毛できるのでしょうか、子ども向けのキッズ脱毛をおこなっている脱毛サロンをご紹介します。

子どもだって脱毛したい!今流行のキッズ脱毛とは?

最近は、テレビでも子役が活躍する時代になり、子ども向け雑誌でもメイク特集が取り上げられることもあります。

もちろん、メイクだけでなく美容関係全般、例えばダイエットや脱毛に興味を持つ子どもも増えていますよね。

光脱毛をすると毛が抜けてツルツルお肌になるものの、お肌に負担がかかることもありますし、施術時に痛みが起こることもあります。

そこで、サロン側では子どもでも受けられるキッズ脱毛メニューを展開していて、エピレは7歳から、ディオーネでは3歳からなど低年齢でも受けられる脱毛が広まっています。

小学生でも脱毛できる?

では、実際に脱毛は何歳から受けられるのでしょうか、小学生でも受けられるのか気になりますよね。

小学生になると徐々にムダ毛も濃くなっていき、人と比べては恥ずかしく思う子どもも増えてきます。

例えば、キッズ脱毛をおこなっている脱毛サロン、エピレのアンケートによると10歳ころから脱毛に通う子どもの割合が増えて特に13歳から15歳にかけては約48%にのぼっています。
このデータからも、小学生後半の子どもは特にムダ毛を気にしだす時期だと分かるでしょう。

その中で、親に無断でカミソリで除毛というように自己処理を行うケースがみられますが、肌トラブルを引き起こしやすいのも事実です。

子どものお肌は大人のお肌に比べるとその薄さは約6分の1のため、自己処理でのちょっとしたダメージでも炎症が起こりやすく色素沈着が残ったりしてしまいがちなのです。

だからこそプロに任せて脱毛する方が安心といえますが、小学生といえばまだまだ成長期のまっさかりなので、脱毛によって体に負担がかからないか心配になりますよね。
脱毛方法によっては、例えばレーザー脱毛や一部のフラッシュ脱毛では痛みややけどの可能性があるため、子どものお肌に負担になることも考えられます。

しかし、エピレやディオーネで行われている脱毛方法であれば、お肌に優しく痛みもほとんどないので小学生のように小さな子どもでも受けることができます。

子どものうちから脱毛することのメリット

自己処理が減り、お肌トラブルが改善する
ムダ毛の悩みが軽くなり、気分が明るくなる

ムダ毛をカミソリや毛抜きなどで自己処理するようになると、その都度お肌が傷ついてヒリヒリしたり、毛穴がブツブツになったりします。

このようなお肌トラブルが起こっても、ムダ毛をなくしたいという望みをかなえるために、子どもは自己処理を繰り返してしまいます。

ムダ毛はまたすぐに生えてきますから、このループが無限に繰り返されるのです。

しかし脱毛をすることにより、この負のループから脱却することができます。

脱毛が進むにつれて自己処理の回数が減り、範囲が狭まってくると、それに従ってお肌トラブルも減っていきます。

そうするとムダ毛で悩み、自己処理によるお肌トラブルで悩まされてきた子どもの表情が、次第に明るくなってくるでしょう。

本人にとって喜ばしいのはもちろんのこと、そばで見守る家族にとっても、この変化はとてもうれしいものなのです。

子どものうちから脱毛することのデメリット

まとまったお金がかかる
施術に通う手間がかかる
部活などで日焼けをすると施術ができない
お肌トラブルが起こることがある

子どもの脱毛を始めるには、まとまったお金がかかります。

サロンによって子どもの脱毛料金はさまざまですが、施設によっては大人より高く設定されているところもあります。

大人ほど皮膚が丈夫でなく、ホルモンバランスも乱れやすい子どもですから、その扱いはとても慎重にしなくてはなりません。

大人では問題なく照射できるレベルの光でも、デリケートな子どものお肌には負担になり、お肌トラブルが起きてしまうこともあるのです。

また脱毛に通うとなると、施術をしている間はサロンにいなくてはなりません。

内容によっては数時間かかることもありますから、子どもが施術の痛みや負担に耐えられるかどうかを、テスト照射などで判断する必要があります。

部活や習い事で忙しい子どもは、そもそも脱毛に通う時間を作り出せるかどうかもあわせて考えましょう。

さらには脱毛中は日焼けをすることができませんから、スポーツをしたり学校の授業を受けたりすることで、日焼けしてしまわないように気を付ける必要もあります。

子どもが打ち込んでいることがあるなら、それと脱毛が両立できるかどうかを保護者が見極めなくてはならないのですね。

子供が安心して通うならエピレやディオーネがおすすめ

エピレやディオーネでは、積極的に子ども向けの脱毛メニューを展開していますが、それぞれどのようなプランなのでしょうか、その内容を詳しくご紹介します。

エピレ

7歳からのキッズ脱毛で注目を集めているエピレは、脱毛業界で実績もあるTBCから誕生しオリジナルの脱毛機器を導入しています。

エピレの施術が子どものお肌に優しい秘密はそのオリジナル技術にあり、毛の中の黒色に反応する光を照射したあとCPHサポートといって、コラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸を配合した独自開発の美容ジェルでお肌を保湿します。

脱毛と同時にしっかりとお肌をケアするので、繊細な子供のお肌でも安全に脱毛ができるんですね。

エピレのキッズ脱毛は、2018年3月現在19部位から選べる2カ所脱毛プランと両脇脱毛6回プランがあります。

19部位から選べる2カ所脱毛プランは、初めて割価格適用で税込980円で受けられます。

鼻下・アゴ・乳輪周り・胸・へそ周り・両ヒザ・両手の甲・指、両足の甲・と指・ビキニライン(上)・ビキニライン(両サイド)からなるSパーツ。 両ヒザ上・両ヒザ下・両ヒジ上・両ヒジ下・背中上・背中下・首うしろ・お腹・ヒップ周りのLパーツの19部位から2部位。

また、両脇プランは税込500円で受けられます。

どちらもエピレを初めて利用する人対象となっているので、初めての脱毛されるお子様にはぴったりではないでしょうか。


ディオーネ

新聞などのメディアでも取り上げられることが多いディオーネではハイパースキン脱毛を取り入れており、毛の成長を促す発毛因子を刺激して発毛を予防します。

小学3年生まではキッズ脱毛キャンペーンを行っていて、全身コースのほかパーツ別の脱毛も受けられます。

体験1回 7,250円
12回(3歳) 180,000円
12回(4歳) 200,000円
12回(5歳) 220,000円
12回(6歳) 240,000円
12回(7歳) 260,000円
12回(8歳) 280,000円
12回(9歳) 300,000円
12回(10歳) 320,000円
12回(11歳) 340,000円
12回(12歳〜15歳) 360,000円

話題のキッズ脱毛デビューならエピレやディオーネに相談を

ムダ毛に悩む子どもが増えている中で、エピレやディオーネなどの脱毛サロンでは子ども向けのキッズ脱毛を行うところもあります。

脱毛では痛みややけどの心配がありますがキッズ脱毛では繊細な子どものお肌に負担をかけない方法で施術をおこないます。

料金はサロンによって異なりますがお試しデビューするならエピレの全身脱毛の場合であればキッズファースト脱毛全身しっかり脱毛するならディオーネの子ども脱毛がおすすめです。

そして、脱毛サロンの年齢制限に達すると、全身脱毛を学割でお得に通うこともできるので、いつから脱毛をはじめるかじっくり検討しましょう。

全身脱毛を学割で安く通える脱毛サロン