Full Epi

レーザー脱毛に通う理想的な間隔とは?脱毛を早く完了させるための攻略法も大公開!!

「脱毛完了までの期間をできるだけ短くしたい!」

こんな女性たちから高い人気を集めているのが、医療脱毛です。

クリニックで導入している医療レーザー脱毛器は、一回の照射威力がかなり高く、脱毛サロンと比較しても、半分以下の回数で脱毛を完了させることができます。

しかし、医療脱毛は1回しただけでつるすべ肌を手に入れられるわけではないので、何度か通い、脱毛の施術を繰り返し受けなければいけません。

そこで、医療レーザー脱毛に通う最適な間隔や脱毛完了までの期間と、早く脱毛をおわらせるための方法をわかりやすくご紹介します。

レーザー脱毛に通う最適な間隔(ペース)とは?

医療レーザー脱毛を始めるからには、一番効果を実感できる最適な間隔(ペース)で通いたいですよね。

少しでも早く医療脱毛を完了させるために、短い間隔で通おうとする人もいますが、毛周期を無視してしまうと、せっかくの脱毛効果が台無しになってしまう可能性も。

大切なのは短い間隔で通うことではなく、毛周期をきちんと理解しながら成長期に合わせて通うことです。

毛周期とは、成長期→退行期→休止期の3つで構成されているヘアサイクルのことを指します。

私たちが肉眼で確認することができる「ムダ毛」は成長期または退行期の毛となり、全体の20〜30%に過ぎません。

残りの70〜80%は、これから生えてくる毛です。

一般的な医療レーザー脱毛器が反応するのは、成長期の毛となるため、退行期や休止期に移行した毛には、残念ながら医療脱毛効果を期待することができません。

つまり、休止期から成長期に移行した毛を常に狙い撃ちしていれば、短い期間で医療脱毛を完了させることができるんです。

毛周期のサイクルは部位によって異なりますが、平均して2〜3ヵ月だといわれています。

このサイクルに合わせて脱毛していくのがベストなので、医療クリニックに通う最適な間隔は2〜3ヶ月おきです。

ただし、医療レーザー脱毛を始めたばかりは、正しい毛周期をきちんと掴むことができません。

より高い効果を実感しやすくするために、最初の2回は1?2ヶ月で照射し、3回目以降から3?4ヵ月のペースに照射間隔を空けていくクリニックがほとんどです。

部位ごとの照射間隔と回数の目安

毛周期のサイクルは、部位ごとによって変わってくると上記でご説明いたしました。

この周期のズレにより、照射間隔の目安にも違いがでてきます。

一番わかりやすいのは、Vラインです。

ワキ・腕・脚の毛周期が2?4ヵ月なのに対し、Vラインは一年と長いので、照射間隔が極端に短くなると、高い効果を期待することができなくなってしまうんですね。

そのため、部位ごとの最適な照射間隔は、

1〜2ヶ月
ワキ 2〜3ヶ月
2〜3ヶ月
2〜3ヶ月
Vライン 3〜4ヶ月

このように微妙に変化していきます。

しかし、一つ一つの部位を最適な間隔で照射するためには、部位ごとに通うペースを変えなければいけません。

これだと、かなり面倒に感じてしまいますよね。

そこで、全体的な毛周期の平均を考えて効果的に照射するためには、2〜3ヶ月が最適であると判断しているクリニックも少なくありません。

部位ごとの照射回数の目安は毛の質によっても変わる

続いて、照射回数の目安です。

照射回数の目安は、毛の質によっても変わってきます。

医療レーザー脱毛で一番高い効果を期待できるのは、いわゆる「普通の毛」です。

「太い毛」や「細い毛」に関しては、ある程度の回数を重ねる必要が出てきます。

手脚に生えているムダ毛が普通の毛で、VIOラインは太い毛。

さらに、顔は細い毛です。

それでは、部位ごとのセルフ処理が不要になるまでにかかる回数の目安をご覧ください。

6回〜7回
ワキ 5〜6回
4〜6回
4〜6回
VIO 5〜6回

産毛が多く生えている顔や太い毛が生えているワキ・VIOラインは、医療レーザー脱毛であっても回数がかかってしまいがちです。

レーザー脱毛が完了するまでの期間は?

セルフ処理が不要になるまでの時間が、医療脱毛完了の目安と考えるのであれば、かかる期間はおよそ1年程度になります。

ただし、この目安はあくまでスムーズに脱毛できたときの期間となるので、脱毛に通っている間は、以下の2点に注意しながら効率よく通えるように心がけてください。

セルフ処理に毛抜きを使わない

医療脱毛が完了するまでの間は、まだ自分自身でセルフ脱毛を行わなくてはいけません。

このセルフ処理に毛抜きを使ってしまうと、毛乳頭にダメージを与えてしまい、効果を実感できなくなる場合があります。

脱毛中はシェーバーで、肌に負担をかけないようにセルフ処理をしてください。

日焼けしないように心がける

医療レーザー脱毛の種類にもよりますが、黒色メラニンに反応するレーザー脱毛器の場合、日焼けすると施術できない場合があります。

また、施術ができたとしても火傷などの肌トラブルリスクが高くなってしまうので、特に夏場の医療脱毛中は日焼けしないように注意してください。

期間のあけすぎは効果がなくなる?

脱毛に通う期間は数ヶ月?一年以上となるので、途中で照射間隔を空けすぎてしまうこともありますよね。

クリニックに通うまでの期間を空けすぎると、効果がなくなるなんて噂もあるので、不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

ご安心ください!

期間を空けすぎてしまったとしても、医療脱毛効果がなくなることはありません。

なぜなら、医療レーザー脱毛により一度破壊された毛根は、期間が空いたとしても復活することはないからです。

ただし、一つだけ注意点があります。

期間をやむをえず空けてしまう場合は、できるだけ最初の照射から3回目以降にしましょう。

医療レーザー脱毛を始めてから1回目と2回目は短い間隔で通ったほうが、脱毛効果を実感しやすくなります。

最短8ヶ月でレーザー脱毛を完了させる方法!

「脱毛完了までに一年も待てない!」

そんな方にぜひおすすめしたいのが、レジーナクリニックの医療脱毛です。

レジーナクリニックは、ハイスピード照射が可能となる、最大18mm径のスポットサイズを標準装備にしたアレキサンドライトレーザー脱毛器を導入しています。

これにより大幅に施術時間を短縮することで予約が取りやすくなり、短い間隔で通えるようになりました。

通常のクリニックは3ヵ月間隔で通うことも多いのですが、レジーナクリニックはなんと1.5ヶ月おきに施術が受けられます。

最短8ヶ月で全身の脱毛が完了するから、どこよりも早くつるすべ肌を手に入れることができるんです。

全国に14院を展開しているクリニックなので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

レーザー脱毛は毛周期に合わせた施術でしっかりと効果を実感しよう!!

医療脱毛を少しでも早く終わらせたいのなら、確実に効果を実感できる毛周期を意識した施術がおすすめです。

照射間隔が長くても短くても、効果が薄れてしまいがちなので、最適な間隔をできるだけ守りながら通うようにしてくださいね!