Full Epi

レーザー脱毛ってどれくらいの間隔を空ければいいの?

とりあえずの除毛・抑毛処理であれば光脱毛で対応することができますが、きちんと永久脱毛をするのであれば、医療機関でレーザー脱毛を受ける必要があります。
レーザー脱毛は、毛根組織にレーザーを照射して破壊する方法であるため、脱毛完了後のムダ毛の再生率が光脱毛よりも低いというメリットがあります。
では、レーザー脱毛はどれくらいの間隔を空けて照射して行く必要があるのでしょうか。

レーザー脱毛は頻繁に受けるものではない!?

レーザー脱毛は1部位1回の照射で脱毛を完了させることができる施術ではなく、1部位あたり、およそ5回程度の照射を行う必要があるといわれています。
それは、レーザー脱毛はそれぞれのムダ毛の毛周期に合わせて行うものだからです。
私たちの体毛は、すべて毛周期によって生え替わりを繰り返しており、成長期、退行期、休止期という3段階のサイクルで行われています。
そして、レーザー脱毛の効果が現れやすいのは成長期に当たるムダ毛で、退行期ではすでに毛根部分が弱っているため脱毛効果を得にくく、また、休止期ではレーザー脱毛を行う際のターゲットとなるムダ毛が組織化されておらず、レーザーを照射しても、脱毛効果を得ることはできないと考えられています。
つまり、レーザー脱毛を行う際には、1回目の照射時に、退行期または休止期にあるムダ毛が成長期を迎えるまで待って、2回目、さらに間隔を空けて3回目…というように、照射を繰り返して行かなくてはならないということです。
そして、ほとんどの医療機関では、約2〜3カ月に1回を目安として、レーザーを照射して行きます。

レーザー脱毛は短い期間で脱毛を完了させることができます

光脱毛を行うことができる脱毛エステなどでは、「レーザー脱毛よりも短い間隔で照射を行うことができます」と謳い、光を照射しているところがあります。
これは、光が持つパワーがレーザーよりも弱いためで、1回の照射では、成長期にあるムダ毛であっても、反応しにくい可能性があるという理由によるものです。
つまり、同じ部位の脱毛であれば、光脱毛はレーザー脱毛よりも多い回数の照射が必要になる可能性が高いということです。
脱毛を考えたときに気になるのが、どれくらいの間隔で照射することができて、いつくらいまでに脱毛を完了させるのか、という部分でしょう。
そして、頻繁に照射すれば早い段階で脱毛効果を得られそうな気がして、レーザーよりも多くの回数を照射することができる、光脱毛を選びたくなるときもあるのではないかと思います。
ですが、レーザーは光よりもパワーが強く、早い段階で脱毛効果が現れやすいという特徴を持っています。
この部分を考えて、少ない回数の照射で合理的に脱毛したいのであれば、光脱毛よりもレーザー脱毛のほうがおすすめ度は高いといえるでしょう。