Full Epi

vio脱毛は若者だけじゃない!介護に備えて脱毛するアラフォーが人急増中

介護脱毛という言葉を聞いたことはありますか?

脱毛といえば若い人が行うものと思っている方も多いと思いますが、最近では「将来の介護に備えて脱毛したい。」という40代以降の方が増えてきています。

ここでは、なぜ介護のために脱毛を行うのか、アラフォーでも脱毛効果を得ることができるのかなど介護脱毛に関する疑問を解決し、40代以降の方におすすめの脱毛サロンをご紹介します。

なぜ介護されることを考えてvio脱毛するのか?

「40代で将来の介護を考えるのは早いのではないか?」と思うかもしれませんが、最近では将来への不安からまだまだ元気に動ける40代の方も老後の準備を始める方がたくさんいらっしゃいます。

介護脱毛も老後準備の1つで、将来介護される側になったとき「恥ずかしくないようにムダ毛を処理しておきたい。」「お世話をしてくれる人に迷惑をかけたくない。」という気持ちから脱毛を行う方が増えてきました。

デリケートゾーンは特に不衛生になりやすく細菌に感染しさまざまな病気を発症させる可能性もあるため、ムレを軽減し介護士がお世話をしやすい状態とするためにVIO脱毛の需要が高くなっています。

介護のために脱毛を行うとすればIOラインをメインに脱毛することで、清潔に保つことができるだけでなく介護士もお世話がしやすくなりますが、見た目もこだわりたいという方はVIO全体の脱毛がおすすめです。

白髪になっていると脱毛できない!?

40代以降の方が脱毛を考えているのであれば、できるだけ早いうちに行動に移すことをおすすめします。

脱毛サロンで行える光脱毛やフラッシュ脱毛、医療機関やクリニックでのレーザー脱毛は、メラニンに反応させてムダ毛をなくしていくため、年齢を重ねていくと白髪が増えてしまいムダ毛のメラニンが少なくなることで脱毛効果を得にくい状態となってしまいます。

腕や足よりもデリケートゾーンに白髪が増える方が多く、すで白髪が混じっていたり全体的に白髪になっている人は脱毛しても意味がないと諦めるのではなく、白髪にも効果が期待できるSHR脱毛がおすすめです。

SHR脱毛方式とは

フラッシュ脱毛の1つで、フラッシュ脱毛の主流となっているSSC脱毛やIPL脱毛などのメラニンに反応させて脱毛していく方法とは違い、発毛の指令を出すバルジ領域にダメージを与えてムダ毛をなくしていく方法のため、メラニンが少ない白髪や金髪にも脱毛効果が期待できます。

SHR脱毛のターゲットになるバルジ領域は皮膚の表面に近いところにあり、高温で照射する必要がなく人肌程度の低温で照射を行うため、火傷のような肌トラブルが発生する可能性も低く痛みもほとんどありません。

デリケートゾーンの皮膚は敏感なため、痛みを強く感じたりトラブルが発生すると治療も長引いてしまうことが考えられますが、SHR脱毛であれば安心して脱毛を行うことができます。

また毛周期に関係なく照射ができるため、脱毛完了までの期間を短縮することが可能ですので、早くVIOをきれいにしたいという人はSHR脱毛で脱毛してみてはいかがでしょうか。

SHR脱毛ができる脱毛サロンはストラッシュ

ストラッシュ

ストラッシュではSHR脱毛方式を採用しており、毛周期に関係なく全てのムダ毛に効果を与えることができます。

最短で2週間に1回のスパンで照射が行えるので、脱毛完了までの期間が短いのが特徴です。

高温で照射することもないため肌トラブルが起きる可能性が低いだけでなく痛みも少なく、敏感な部位でもあるVIOも痛みを感じることはほとんどありません

ストラッシュでは全身脱毛はもちろん、VIO脱毛のみなど部分脱毛も行えますが、デリケートゾーンのみの脱毛は全身脱毛に比べると割高になっているため、VIO脱毛以外にも脱毛したい箇所がある方は顔やVIOを含んだ全身の61箇所を脱毛できる全身脱毛がお得です。

脱毛料金 6回 18回
Vライン上、Vライン下、Iライン、Oライン 16,005円 48,015円
VIOセット 64,020円 192,060円
全身脱毛(月額制)月額7,980円 95,760円 287,280円
全身脱毛(回数制) 95,760円 262,440円

ストラッシュで脱毛した方は2回目の照射を終えた頃からムダ毛に変化が現れ、6回を終える頃にはムダ毛の量が減ると感じている方が多くいらっしゃいます。

また、ツルツルを目指したいのであれば18回ほど繰り返さないといけないので、脱毛完了をどの程度とするのかあらかじめ決めてから契約する回数を決めることをおすすめします。

脱毛効果はムダ毛の濃さによっても違いがありますので、毛深い人は多目の回数を検討しましょう。


VIO脱毛を検討している人は早めの行動が大切!

VIO脱毛は若い人だけが行うだけではなく、アラフォーの方も積極的にチャレンジしましょう。

VIO脱毛することで将来介護される側になったとき恥ずかしい思いをせずに済んだり、常にデリケートゾーンを清潔に保つことができます。

介護では下の世話が一番大変で、陰毛に排泄物が絡み付いてしまったり不衛生になりやすいので、VIO脱毛を行えば介護もしやすい状態となります。

将来に備えてVIO脱毛を行いたい方は、できるだけ早めに行動に移すことが大切です。


フラッシュ脱毛は主にIPLやSSC方式ですが、白髪には効果は期待できません

髪の毛だけでなく陰毛にも白髪が生えやすく、早い人だと30代から白髪が混じる人も少なくないので、できるだけ若いうちに脱毛を始めましょう。

すでに白髪が混じっている方は白髪でも効果のあるSHR脱毛方式を採用しているストラッシュがおすすめです。


ストラッシュでは敏感なVIOも痛みが少ないので安心ですよ。

痛いと評判のvio脱毛の痛みを軽減するには?快適に脱毛するためにできること