Full Epi

全身脱毛の学割と回数制パックを比較!大学生や高校生が本当に安く通える脱毛サロン比較


全身脱毛を学割で安く通いたいと考えている高校生や大学生のみなさん。

学生が全身脱毛をするなら“学割を利用すれば全身脱毛は安いんだ”といういうイメージをお持ちかもしれませんが、果たして全身脱毛は安いのでしょうか。

最初から全身脱毛はこのサロンに決めていたというのなら、学割を用意しているところでは今のうちに通いはじめるとお得にはなります。

しかし、どこで全身脱毛をしようか迷っている人は、学割で通った方が安いのか他の脱毛サロンと比較をしてみることが大切です。

脱毛サロンの価格戦争は激しいので、「学割だからどこよりも全身脱毛が安いっ思ってたのに、一般契約で違う脱毛サロンにした方が安かった・・・」なんてこともありえます。

学生が全身脱毛をするならどこの脱毛サロンが安くておすすめなのか、徹底調査してみました。

また、気になる脱毛サロンは何歳から通えるのか、学割を用意しているかなども紹介していきます。

おすすめ脱毛サロンの未成年者の条件・学割の比較

まず、人気脱毛サロンは何歳から全身脱毛ができるのか、学割プランは用意されているのかを比較してみます。

最近では『子供脱毛』といって、三歳から全身脱毛ができるところも登場していますが、まだまだ脱毛サロンでは未成年者が通える条件が多いので確認しておきましょう。

サロン名 年齢制限 学割
キレイモ なし あり>>
銀座カラー 16歳以上 あり>>
ミュゼプラチナム 16歳以上 なし
コロリー 16歳以上 なし
恋肌(旧:ラヴォーグ) 16歳以上 あり>>
シースリー 16歳以上 なし
ディオーネ 3歳以上 あり>>

全身脱毛を学割で安く通うことができる脱毛サロンをチェック


当サイトで紹介している人気脱毛サロンで、学割を用意しているのはキレイモ・銀座カラー・脱毛ラボ・恋肌(旧:ラヴォーグ)・ディオーネです。

まずは人気脱毛サロンの学割はどのくらい安く通えるのかをチェックしてみてください。

キレイモの学割

全身脱毛学割パックプラン

全身脱毛専門店のキレイモにはお得な学割パックプランが用意されています。

この学割パックプランは学生のうちに申し込めば卒業後も学割料金のまま全身脱毛に通うことができるので学生のうちがチャンスです。

もし、契約時に少ない回数で申し込んだとしても途中で回数を追加することが可能なのも安心です。

キレイモの全身脱毛は顔・VIOを含む全身脱毛が学生のうちの契約で最大67,900円と回数が多いほどお得になります。

さらにお友達紹介で最大20,000円お得になるので、お友達や家族を紹介するのもおすすめです。

全身脱毛18回 (通常342,000円) 274,100円 (学割なら67,900円お得)
全身脱毛12回 (通常228,000円) 202,900円 (学割なら25,100円お得)
全身脱毛6回 (通常114,000円) 106,300円 (学割なら7,700円お得)

キレイモの全身脱毛の料金・効果・口コミ評価をチェック

  • カウンセリングの持ち物

    身分証明書・親権者の同意証・学生証が必要です。
    親権者の同意書はダウンロード後に印刷をし、必ず保護者の直筆で記入してください。
    パソコンがない場合は、便箋やルーズリーフに手書きで記入でも大丈夫です。
    キレイモの親権者の同意書はこちらからダウンロードできます>>

  • 未成年の場合

    キレイモの学割が適応されるのは小学生(生理がはじまっていればOK)、中学生、高校生、大学生、専門学生が対象。

  • 支払い方法

    現金一括払いかクレジット(分割やリボ払いはカード会社に自分で手続きをすれば変更できる)、キレイモの分割ローンを組みたい場合は20歳以上(年収95万円以上が条件)で支払いが可能です。

銀座カラーの学割

脱毛学割

全身脱毛の学割と回数制パックを比較!大学生や高校生が本当に安く通える脱毛サロン比較

銀座カラーで全身脱毛をはじめるなら脱毛学割で通常価格から10%OFFで全身22箇所がお得になります。

さらに卒業後も有効期限が続くので学割料金のまま満足するまで通うことができるので、少しでもまた生えてきたら困るから回数制じゃなく満足するまで通いたいという人におすすめです。

新・全身脱毛(学割で脱毛し放題) 月額8,900円 (初月+2ヶ月目0円)
都度払い脱毛

全身脱毛を都度払いではじめたいという人にむけて銀座カラーでは未成年者限定プラン「都度払い脱毛」が用意されています。

月額制で支払うのが難しくても、この制度なら施術のたびに支払いができるのです。

全身脱毛の場合は一回の支払いが26,500円、全身ハーフ脱毛は一回20,000円と、脱毛学割のコースに比べ少し割高ですが毎月の支払いに追われることなく自分のペースで通うことができるのがポイントです。

新・全身脱毛(顔から下の全身脱毛) 1回 26,500円
全身ハーフ脱毛(好きな8か所選べる) 1回 20,000円

銀座カラーの全身脱毛の料金・効果・口コミ評価をチェック

  • カウンセリングの持ち物

    身分証明書・親権者の同意証・学生証・印鑑が必要です。

    親権者の同意書はダウンロード後に印刷をし、必ず保護者の直筆で記入してください。

    親権者が同伴する場合、都度払いを希望なら同意書はいりません。

    銀座カラーの親権者の同意書はこちらからダウンロードできます>>

  • 未成年の場合

    未成年は16歳以上、生理が2回以上きていれば可能です。

  • 支払い方法

    現金一括払いかクレジット(分割やリボ払いはカード会社に自分で手続きをすれば変更できる)、銀座カラーでも金利手数料0%でローンを組むことができます。

    現金かカードでの1回払いの場合は現金10%分、カード5%分のクーポン券をプレゼントしています。

脱毛ラボの学割

全身脱毛の学割と回数制パックを比較!大学生や高校生が本当に安く通える脱毛サロン比較

脱毛ラボは回数制パックプランの場合、学生は10%割引になります。

最短2週間〜月回のペースで通うことができる全身24カ所全身脱毛が35,982円です。

回数制は通常価格よりお得ですが、脱毛ラボは月額制がとても安いので、月々の出費を考えると学割を利用せずに月額制の方が通いやすいかもしれませんね。

また、「脱毛シェア」で友達と通うと安くなったり、交通費キャッシュバックで通いきれば通った分の交通費が戻ってくるなど学割以外にもうれしいポイントが盛りだくさんです。

脱毛ラボの全身脱毛の料金・効果・口コミ評価をチェック

  • カウンセリングの持ち物

    身分証明書・親権者の同意証・学生証が必要です。

    親権者の同意書はダウンロード後に印刷をし、必ず保護者の直筆で記入してください。

    脱毛ラボの親権者の同意書はこちらからダウンロードできます>>

  • 未成年の場合

    未成年は生理がはじまっていれば脱毛可能です。

  • 支払い方法

    現金・クレジットカード・分割払い・デビットカードで支払いができます。

恋肌(旧:ラヴォーグ)の学割

全身脱毛55部位

恋肌(旧:ラヴォーグ)では、顔・VIO含む全身55部位の脱毛が学生のうちに契約すると10%OFF

この学割キャンペーンは学生のうちに全身脱毛を契約すると、回数によっては最大26,950円OFFになりお得です。

ただ、恋肌(旧:ラヴォーグ)は月額制の全身脱毛も激安なので、毎月の支払いに負担をかけたくない人や、まとまった金額を用意できないという人にが月額制で通うのもおすすめです。 今月は月額1,435円が12カ月無料で全身脱毛ができちゃうのでどちらもお得です。

6回 通常99,800円→89,820円(9,980円OFF)
12回 通常189,600円→170,640円(18,960円OFF)
18回 通常269,500円→242,550円(26,950円OFF)

恋肌(旧:ラヴォーグ)の全身脱毛の料金・効果・口コミ評価をチェック

  • カウンセリングの持ち物

    身分証明書・親権者の同意証・学生証が必要です。
    親権者の同意書はダウンロード後に印刷をし、必ず保護者の直筆で記入してください。

  • 未成年の場合

    恋肌(旧:ラヴォーグ)の学割が適応されるのは生理がはじまっている16歳以上であればOKなので高校生、大学生、専門学生が対象。

  • 支払い方法

    現金一括払いかクレジット(分割やリボ払いはカード会社に自分で手続きをすれば変更できる)

ディオーネの子ども脱毛

お子様全身脱毛コース

ディオーネでは3歳から全身脱毛ができるハイパースキン法を採用していて、他の脱毛サロンと違い毛の種に特殊な光を当てて発毛を予防していきます。

痛みはなく肌へのダメージもないので、ムダ毛に悩む幼い子供がいる人におすすめな脱毛サロンです。

全身脱毛だけでなく部分脱毛のメニューも豊富なので、悩みに応じてコースを検討したい人にもいいでしょう。

3歳(12回) 180,000円
4歳(12回) 200,000円
5歳(12回) 220,000円
6歳(12回) 240,000円
7歳(12回) 260,000円
8歳(12回) 280,000円
9歳(12回) 300,000円
10歳(12回) 320,000円
11歳(12回) 340,000円
12歳〜15歳(12回) 360,000円

ディオーネの全身脱毛の料金・効果・口コミ評価をチェック

  • カウンセリングの持ち物

    ディオーネではカウンセリングの他、施術の際は必ず同伴者の送り迎えをお願いしています。
    また、本人だけでなくカウンセリング日に保護者にもハイパースキン法を体験してもらっています。

  • 未成年の場合

    3歳から通える脱毛サロンです。キッズ脱毛キャンペーンを実施していて、全てのメニューが通常から10%OFFで利用ができます。

  • 支払い方法

    現金一括払いかクレジット(分割やリボ払いはカード会社に自分で手続きをすれば変更できる)

このように脱毛サロンでは学生も気軽に全身脱毛をはじめられるようにさまざまなプランが登場しました。

キレイモ・脱毛ラボ・恋肌(旧:ラヴォーグ)は回数制パックで通いたいなら、学割を利用すると断然お得になります。

銀座カラーは月額制の場合2ヵ月0円から通うことができる他、通うたびに支払いができる都度払い脱毛で支払いに追われることなく通うことができます。

でも人気の脱毛サロンが学割を用意しているからって、全身脱毛にかかる費用は安いとは言えるのでしょうか。

全身脱毛は安さ重視という学生さんにむけて、全身脱毛は学割で通った方が安いのかを見てみましょう。

学割プランと回数制パックを全身脱毛6回で比較


学割パックプランと、他の脱毛サロンの回数パックで比較をした場合どのくらい差が出るのでしょうか。

回数制パックは6回コースを用意している脱毛サロンが多いので、全身脱毛6回で比較をしてみましょう。

サロン名 全身6回で比較 備考

キレイモ

106,300円 学割パックプラン

銀座カラー

159,000円 都度払い脱毛(学割)

脱毛ラボ

106,687円 学割価格

ラ・ヴォーグ

89,820円 学割価格
ディオーネ

99,000円 回数制

ミュゼ

126,000円 ミュゼアプリ割

シースリー

87,870円 回数制

全身脱毛6回で料金比較をしてみるとラ・ヴォーグディオーネシースリーが総額10万円を切る結果になりました。

学生が全身脱毛を安く通うなら、学割を用意している脱毛サロンよりも回数制パックで契約した方が費用を抑えることができますね。

(銀座カラーの場合は都度払い脱毛の新・全身脱毛1回26,500円×6回で計算をしているので、都度払い脱毛より月額制で通った方が脱毛し放題で安いですよ)

ただ、全身脱毛6回の料金で比較をした結果なので、通い方や全身脱毛のコースに脱毛したい部位が含まれているのかも選ぶポイントになってくるとおもいます。

しかし脱毛サロンによって全身脱毛の通い方が違うため、値段だけでなく通いやすい脱毛サロンを選ぶことが大切です。

全身脱毛に通うペースやサービス比較については他のページを参考にしてみてくださいね。

学生のうちに全身脱毛をはじめるメリット


全身脱毛の学割と回数制パックを比較!大学生や高校生が本当に安く通える脱毛サロン比較

長年の自己処理を回避することで肌トラブルが起きづらい

10代〜20代のうちに全身脱毛をしておくとカミソリや毛抜きでの肌トラブルを起こさずに済むので、長い目でみると今のうちに始めておくことをおすすめします。
長年自己処理でのダメージを受けていると、色素沈着を起こしてしまい肌が黒ずんでしまったり毛穴が目立ってしまうのです。

社会人になってからだと職業によって全身脱毛に通う時間を取りずらくなる

サービス業の仕事に就く場合は、終業時間が遅く仕事帰りに全身脱毛ができなかたり、カレンダー通りの休日だと、土日は予約が取りずらいなど社会人になると月1ペースなどで通うことが難しくなってしまいます。
学生のうちなら学校帰りに全身脱毛に通うなど調整がしやすいですね。

学生にとってお得な割引や学割プランを用意している脱毛サロンがある

例えばキレイモなら学生のうちに会員になれば卒業後も学生料金のまま、銀座カラーは学生専用のプランが用意してあるなど、学生のうちに全身脱毛が気軽に通えるようにとお得に全身脱毛が通える脱毛サロンがあります。
いずれ全身脱毛を考えているならお得なうちにはじめるのがおすすめです。

学生が全身脱毛をはじめる上での注意事項


全身脱毛の学割と回数制パックを比較!大学生や高校生が本当に安く通える脱毛サロン比較

未成年が全身脱毛をする場合は親権者の同意書が必要

カウンセリング当日に親権者の同意書が必要です。持参しなかった場合、全身脱毛の契約ができません。
必ず身分証・親権者の同意書を持っていきましょう。

もしくは親権者の同伴が必要になります。
最近では母親と脱毛サロンに通う学生さんも少なくないので、一緒にカウンセリングに行ってみてはいかがでしょうか。
ただし、脱毛サロンでは男性の入店がNGなので父親の同伴では契約が不可能になるので注意してくださいね。

学生身分を証明するものを持参

学割プランや割引が用意されている脱毛サロンで契約する場合は学生証か生徒手帳在学証明書など学生身分を証明するものが必要なのでこちらも忘れずに!

カウンセリングってどんなことをするのかについてはこちら>>

全身脱毛後は日焼けに注意

特に高校生など体育の時間や通学中は日焼け止めなどで日焼けを防ぐ必要があります。
脱毛サロンでは日焼けがNGです。

制服のスカート焼けなどしていると「今回は脚は日焼けしているので脱毛できません」と断れることも・・・。

全身脱毛をはじめる前にチェックしておきたい禁止事項>>

今月の【脱毛サロン8社】キャンペーン比較はこちら>>