Full Epi

顔脱毛後の油断は禁物!どんなことに注意すればいい?

顔脱毛後には、くすみが改善される、メイクのノリがよくなる、自己処理が必要なくなるなどのメリットが生まれます。

しかし、顔脱毛は1回で完了するものではないため、完了までにはいくつか注意しなければならないことがあります。

それでは、顔脱毛後の注意点やケア方法、NG行動などについてご紹介していきますので、顔脱毛をお考えの方は、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

顔脱毛を受けたらこんな行動はNGです!

顔脱毛は光脱毛または医療レーザー脱毛で受けることができますが、いずれの方法でも、施術後には以下のような行動をとってはいけません。

紫外線に直接当たる

光やレーザーの照射を受けると、一時的にバリア機能が弱まって紫外線などの刺激を受けやすくなります。

そして、それによって炎症が起こることも考えられますので、顔脱毛直後には紫外線に直接当たらないように注意しましょう。

顔脱毛直後にプールや温泉に入る

バリア機能が低下していると、雑菌などによる炎症を起こしやすくなります。

プールや温泉は不特定多数の方が利用しますので、このように雑菌が存在している可能性がある施設の利用はなるべく避けましょう。

ただし、顔脱毛後1週間程度の日数が経過していれば、このような施設の理由は可能です。

お風呂で熱いお湯に浸かる

お風呂で熱いお湯に浸かると血行がよくなりますが、これが炎症の引き金となることが少なくありません。

顔脱毛当日には、お風呂で熱いお湯に浸からず、シャワー程度で済ませておきましょう。

また、翌日からはお湯に浸かってもかまいませんが、炎症や赤みが起こっているのであれば、それが治まるまでシャワーのみで様子を見ることが大切です。

激しい運動を行う

激しい運動もまた血行を促進しますので、顔脱毛直後には行わないように注意しましょう。

また、運動であせをかくと、それによって表皮に痒みが生じることもありますので、激しい運動は顔脱毛を受けた翌日まで待ちましょう。

アフターケアはどうすればいいの?メイクはいつから?

メイクは顔脱毛を受けた当日からOKですが、強い洗浄成分を配合したクレンジング剤を使用するとお肌にかかる摩擦が大きくなり、炎症などの原因になることがあります。

顔脱毛直後には、UVカット効果を期待できるパウダーファンデーションなどを使用し、簡単なクレンジングでささと落とせるメイクに留めておきましょう。

そしてもうひとつ気になるのは、顔脱毛後のお肌のお手入れですね。

これは特別なことをする必要はありませんが、顔脱毛後のお肌は乾燥することが多いため、洗顔後には化粧水や乳液、クリームなどでしっかり保湿を行っておくことが大切です。

スキンケアを怠ると乾燥肌が進み、最悪の場合では敏感肌にまで発展してしまうことも考えられます。

顔脱毛後には、いつも以上に念入りな保湿ケアを行って、お肌のコンディションを整えておくことが大切です。

顔脱毛後に異変が現れたときには?

顔は脱毛後に剛毛化が起こる可能性がある部位です。

ただし、剛毛化は再照射によって改善されていきます。

もしも脱毛後に太くて硬いムダ毛が生えてきたときには、施術を受けたサロンまたはクリニックに相談してください。

また、頭痛などの体調不良が起こった際にも、まずはサロンやクリニックに連絡を入れてください。

サロンによっては医療機関と提携しており、医療機関でケアを受けることができる場合がありますし、クリニックでは無料で治療を受けられることがあります。

次回の施術までにしておくべきケアとは?

紫外線に直接当たらないことと保湿ケアをきちんと行うこと、これを守っておけば大きな肌トラブルに見舞われるリスクはグンと低くなります。

また、次回の施術までに自己処理をする場合には、なるべくシェーバーを使用してお肌への負担を軽減させましょう。

その際には、余分な力を入れてしまわないように十分注意してくださいね。

自己処理で万が一の怪我をしてしまうと、次回の施術を受けられなくなることがありますので、自己処理の際にはお肌を傷つけてしまわないように十分注意しましょう。

顔脱毛の準備はこれでOK!前日にすることをリストアップ

顔脱毛後にはきちんとアフターケアをしましょう

顔脱毛後にはやってはいけないNG行動や、やらなくてはならないアフターケアがあります。

もちろん、あまり神経質になる必要はありませんが、顔脱毛後のお肌は光やレーザーによるダメージを受けた状態ですので、少しだけ注意を払わなくてはなりません。

顔脱毛をご希望の方は、顔脱毛後のNG行動やスキンケアの方法も頭に入れれた上で施術を検討することをおすすめします。