Full Epi

顔脱毛でまつ毛が抜ける?抜けてほしくない毛への影響とは

脱毛サロンやクリニックでたいへん人気のある顔脱毛は、黒い毛はもちろんのこと、産毛まで脱毛してしまうのが最近のスタンダードとなっています。

しかしここで気になってくるのが、抜けてほしくない毛のことです。

特にまつ毛が抜けると、マツエクなどのおしゃれができなくなり困ってしまいますよね。

こちらでは顔脱毛をすることによるまつ毛への影響について、疑問点や気になるところをくわしく解明していきます。

顔脱毛ってどうやるの?施術方法について

顔脱毛の準備としては、まず前日に自分で顔をシェービングするところから始まります。

これは脱毛を受けるためには必ず必要な前処置で、毛抜きや脱毛クリームを使わず、カミソリや電気シェーバーを使って剃っていきましょう。

顔全体ではなく部分脱毛であれば、該当する部位だけを剃ればOKです。

施術当日はサロンのベッドで横になり、必要であれば顔にジェルなどを塗って下準備します。

その後、目を保護するためのカバーやメガネなどを装着し、脱毛が始まります。

施術が終わると、クールダウンとして冷やしたタオルやジェルなのでお手入れし、完了するという流れです。

マツエクしてるけど顔脱毛ってできる?

近頃では、まつげエクステンション(マツエク)を楽しむ人も増えていますから、顔脱毛をすることで肝心のまつ毛がなくなったらどうしようと、不安な人もいるはずです。

しかし、脱毛サロンでは、目の周辺の施術をすることはありません

医療脱毛クリニックでも、目の周辺を施術する施設はごく限られています。

まつ毛は眼球を縁取っていますから、眼球周辺をギリギリまで照射するクリニックであっても、まつ毛にレーザーを照射することはありません。

そのためまつエクをしていても施術の支障になることはないですし、光やレーザーがマツエクに影響しまつ毛が抜けることもありませんので安心してください。

脱毛サロンやクリニックがとっているまつ毛への配慮

脱毛サロンやクリニックでは、目周辺への影響がないよう十分な配慮をしています。

色の黒いものに反応する性質のある光を使いますから、目の周りは厳重にカバーする必要があるため、白いコットンやカバーで目の周りを覆ったり、専用のメガネをかけたりしますから、目の周辺には施術の影響がおよびません。

もし光やレーザーが目に入ってしまったときには、眼球に損傷が生じ、白内障や斜視、失明などの危険性があります。

しかしそれは、目が開いた状態で真正面からダイレクトに照射した場合であり、しっかりとカバーされていれば問題ありません。

施術の際、目がカバーされている状態で、真正面から光が当たることはないのです。

使用するカバー材は施設によって違いますが、一般的にはゴーグル、サングラス、ガーゼ、コットン、タオルなどでカバーしてくれることが多いです。

クリニックにによっては、まぶたの脱毛を扱っているところがあります。

そのような施設では危険性を十分に考慮し、まつ毛への影響や、もしあやまって目を開けてしまったときの対策もとっていますが、もし心配であれば、カウンセリングや施術時にどんどん質問していくといいでしょう。

顔脱毛でまつ毛は抜けません!心配ならカウンセリングで再度確認を

顔脱毛を受けることで「目周辺に影響が出たらどうしよう?」と不安になる人もいます。

しかし上でもご説明した通り、目が開いた状態でダイレクトに真正面から光が入らない限り、目やまつ毛に影響が出ることはないのです。

サロンでもクリニックでも目への影響がないようにしっかりと厳重にカバーされていますので、まつエク目などのおしゃれをしている場合でも問題ありませんし、「顔脱毛を受けてまつ毛が抜けたらどうしよう」と不安になる必要もないのです。

しかしどうしても不安が拭いされないのであれば、エステティシャンではなく医療従事者が最新の注意を払い施術する医療脱毛クリニックでの顔脱毛を選ぶのもいいでしょう。

さまざまな場合を想定し、万が一のことがないように施術が行われますので、安心して顔脱毛が受けられますよ。