Full Epi

医療脱毛だとクーリングオフは適用されない?中途解約について

医療脱毛は医療行為のため、脱毛サロンで行われる美容脱毛と異なり、以前まではクーリングオフの適用外でした。

しかし、医療脱毛によるトラブルが増加したことから、2017年12月1日から医療脱毛もクーリングオフの対象となりました

そもそもクーリングオフを簡単に説明すると、契約を結んだ後、一定の条件を満たせば契約を白紙にできる制度のことを言います。

クーリングオフを利用すれば、一度支払ったお金を手数料もとられることなく全額返してもらうことが可能です。

クーリングオフは消費者にとって、冷静に考える時間を与えてくれる大切な制度と言えます。

医療脱毛の契約でクーリングオフを利用するためには、3つの条件を全て満たしていなければなりません。

契約から8日以内であること。

契約を結んだ日から8日を過ぎてしまうと、クーリングオフは利用することができません。

冷静に判断する期間として8日間は短いかもしれませんが、「やっぱりやめよう!」と決断したら先延ばしにすることなく、迅速に解約の申し出をしましょう。

1ヶ月以上の契約であること。

いくら早く全身脱毛が完了できる医療脱毛でも、さすがに1ヶ月ではムダ毛がなくなることはないため、コースやプランの契約は1ヶ月以上のものばかりです。

ただし単発の体験脱毛などの場合は、1ヶ月未満になってしまう可能性がありますので注意が必要です。

5万円以上の契約であること。
ここ数年で脱毛にかかる費用はどんどん安くなってきていますが、医療脱毛は美容脱毛より費用がかかることもあり、全身脱毛となれば平均で30万円ほど必要です。

また、部分脱毛も5万円以上のものが多く、クーリングオフの適用範囲ですから、金額が低く適用にならないという可能性は低いです。

しかし、格安キャンペーンや体験脱毛という形で、3万円ほどで医療脱毛ができるというような場合はクーリングオフ対象外となってしまいます。


この3つの条件を満たすことで誰でもクーリングオフを利用することができますから、契約をやめたいと思ったときはすぐに申し出ましょう。

クーリングオフの申し出の方法に特別な決まりはなく、書面で手続きを行うのが一般的です。

さらに簡易書留などで郵送し、受け取ったことを確認すると、より安心できるでしょう。

医療クリニックの途中解約方法を知っておこう

途中解約したいと思ったときはすぐにクリニックへ連絡を入れましょう。

クリニックによって途中解約の方法は異なりますが、大まかな流れをご紹介します。

解約の申し出は、契約してあるクリニックへ直接連絡を行う必要があります。

解約の申し出を伝えるとクリニックへ一度来るように言われるので、なるべく早い日時で予約を入れて、解約の手続きを行いましょう。

手続きのなかには、返金の方法も説明がありますので、しっかりメモを取るなどして記録しておくことをおすすめします。

消費していない残りの脱毛照射の分は全額返金されますが、医療クリニックによっては違約金や解約手数料が発生することもあり、その分のお金が返金予定額から引かれた残金が戻ってくると覚えておきましょう。

新たに全身脱毛の乗り換えで他のクリニックで医療脱毛の契約を行うときは、事前に違約金などが発生しないかどうか確認しておくと、ムダな出費を抑えることができますよ。

返金方法はその場で現金支払いのクリニックもあれば、後日、指定した口座へ振込みされるケースもあります。

クリニックによって違いますので、現金払いではないときは、解約手続き完了後からどのくらいで返金されるのかも確認しておくと安心ですね。

解約時に必要な持ち物は、

クリニックの会員証、身分証明書、契約書、印鑑、現金支払いではないときに振込み口座として指定する口座番号
を用意してください。

クリニックへ解約の連絡をすると、上記以外に必要なものがあれば教えてくれますので忘れずに持っていきましょう。

また、途中解約を一度行ってしまうと後戻りはできませんので注意してください。

本当に解約するべきなのか、解約しなくてもいい方法もありますので、解約手続きを行う前にもう一度考えてみてください。

例えば、引っ越しでクリニックへ通うことが難しくなった場合でも、解約をしなくても前店舗の内容を引き継いだまま、店舗移動ができるクリニックもあります。

他にも、妊娠が発覚したことで解約を考えているのであれば、契約期間の延期や中断ができるクリニックもありますので確認してみましょう。

また、脱毛効果を実感できないことが理由であれば、脱毛機器の種類や出力の調整をすることで解決するケースもありますからクリニックへ相談することをおすすめします。

人気の医療脱毛クリニックの解約方法はどうなってる?

クリニックによって解約方法には違いがあるため、各クリニックの解約方法がどのような内容になっているのか確認しましょう。

レジーナクリニック

レジーナクリニックでは、8日以内であればクーリングオフを利用ができることはもちろん、8日を過ぎた後でも8カ月以内であれば、全コースの途中解約を行うことができます。

電話で解約することを伝え、予約した日にクリニックで解約手続きを行えば、2〜3週間後に銀行口座に返金されますので安心ですね。

約金や解約手数料もかかりませんので、消費していない残りの分は全額返金してもらえます。

解約時の持ち物は、印鑑、返金用の口座番号、クレジット決済をした人はクレジットカードが必要です。

レジーナクリニックでは、残念ながら妊娠などで期間の延期はできません。

しかし、クリニック間での店舗移動はできますので、物理的に通うことが難しくなった人は解約せずに済みます。

例え解約したとしても、再契約も可能ですから安心ですね。

    

アリシアクリニック

基本的に電話連絡後に来院して解約手続きを行いますが、コールセンターに電話を行い必要書類を郵送してもらい、返送することで解約手続きを進めることもできます。

解約時には、印鑑と口座番号がわかるものを持っていきましょう。

違約金や解約手数料もかかりませんので、安心してください。

返金は指定した口座へ、消費していない残りの分の金額が、2〜3週間後に振り込みされます。

アリシアクリニックは期限など設けずに、やめたいと思ったときにいつでもやめられるのも特徴の1つです。


リゼクリニック

リゼクリニックを解約するときは、違約金は必要ありませんが、解約手数料がかかってしまいます

契約した金額によって手数料が変わりますので、クリニックへ必ず確認しましょう。

また、口座振込によって返金されますが、この時にかかる振込手数料も負担しなければなりません。

解約手続きに必要なものは、印鑑、返金用の口座番号、契約書、会員証、クレジットカード払いの方はクレジットカードカードが必要です。

返金は手続き完了後から1ヶ月以内に振り込まれます。


湘南美容外科クリニック

解約するためには、電話で解約のための予約を入れた上で来店する必要があります。

違約金や解約手数料は無料で、消費していない残りの回数分の返金をしてもらうことができます。

ただ、湘南美容外科クリニックは一度解約してしまうと、二度と同じ部位の脱毛を契約することができなくなりますので、しっかりと考えた上で解約を申し出ましょう。

解約時は印鑑、返金用口座番号を準備しておけば、簡単に手続きが終わります。

返金は手続き完了後から3週間以内に振り込まれます。


クレアクリニック

クレアクリニックは、いつでも好きなときに解約手続きが可能です。

来店して手続きを行うときは、印鑑、契約書、返金用口座番号の準備が必要で、コールセンターでの解約の場合は、必用書類に署名、捺印、返金用口座の情報を記入して返送しましょう。

解約時に違約金は発生しませんが、契約の支払い方法によって、解約手数料と返金方法に違いがありますので、どのような契約を結んでいるのかクリニックへ確認してください。

現金やクレジットカードでの一括払いの場合は、手数料無料で消費していない残りの回数分の返金がされます。

自社ローンでの支払いの場合も手数料は無料ですが、返金額はすでに支払った金額から施術した分が引かれた金額が返金されますが、医療ローンでの支払いは、残念ながら支払回数や契約コースによってそれぞれ解約手数料が必要になります。

返金額は支払った金額から施術した分の料金と解約手数料を引いた金額です。

自分の契約内容はどのようになっているのか、クリニックへ確認しておくと安心です。


トイトイトイクリニック

トイトイトイクリニックはいつでも解約することができ、解約手数料は無料となっています。

ただし、トイトイトイクリニックが手数料を負担する支払い方法で契約していた場合、返金金額にかかる手数料は負担しなければなりません。

また、医療ローンでの契約の場合も、ローン会社への手数料が発生する場合がありますので、クリニックへ確認することをおすすめします。

トイトイトイクリニックでは有効期限が3年と長く設定されているため、妊娠や病気などが解約の理由であれば、解約せずに延期してもらうこともできます。


医療脱毛の解約方法を知っておいて損はなし!

いざ解約しようと思ったときに焦らないようにするためにも、クリニックの解約方法を知っていて損はありません。

事前に把握しておけば、期限に間に合わなかったり、返金金額を少しでも多くすることも可能です。

違約金や解約手数料が高く、返金してもらう金額が極めて少なくなってしまうクリニックも存在しますので、自分が契約したクリニックの解約方法や返金金額の計算方法は、契約を結ぶ前に確認しておくようにしましょう。

また、医療脱毛もクーリングオフの対象になったので、解約したいと思ったときは8日以内に行動に移してください。