Full Epi

医療脱毛は産毛にも効果があるの?おすすめのレーザー脱毛器の特徴!

クリニックで医療脱毛するときに、使用しているレーザー脱毛器の種類まで調べる方は少ないのではないでしょうか。

しかしレーザー脱毛器の種類によって効果の出方に大きく差が出るので、契約前にしっかりチェックしておきたいところ!

産毛脱毛に効果の高いレーザー脱毛器の種類や特徴、どのような人に向いているのかチェックしていきましょう。

医療脱毛は産毛や細い毛には効果がない?

クリニックの医療脱毛で使われているのは、厚生労働省から認可を受けた出力の強いレーザー脱毛器。

脱毛したい部位に黒い色素に反応するレーザーを照射することで、毛根に対してダメージを与えて脱毛していきます。

色素の濃い剛毛に対して効果が高いのはもちろんですが、色素の薄い産毛に対してもしっかり反応するのが医療レーザー脱毛の特徴です。

さらにはレーザー脱毛器の進化によって、産毛脱毛に高い効果を発揮する特徴を持ったレーザー脱毛器も登場しています。

産毛脱毛を考えている方は、特徴を理解したうえでクリニックを選ぶのがおすすめです。

濃い毛に対しても、産毛のような薄い毛に対しても脱毛効果が高いというのが、医療レーザー脱毛の魅力です。

クリニックで産毛を脱毛すると何回かかる?

レーザー脱毛は効果が高いといっても、医療クリニックで1回の施術で脱毛が終わる訳ではありません。

産毛脱毛完了までにかかる回数には個人差がありますが、平均すると8〜9回で完了できるケースが多いです。

毛周期に合わせて施術するため、2〜3か月に1回の頻度でクリニックに通い、2年ほどで終わる計算になります。

「目立たなくなればOK」という方や、「産毛がなくなるまで綺麗にしたい」という方まで、満足するポイントは人それぞれ違いますが、元々色素の薄い産毛は目立たなくなるまでが早いです。

自己処理から解放されてツルツルになりたいという場合は、10回ほど施術すれば産毛も綺麗になくなりますよ。

医療脱毛の無制限は本当にお得?メリット・デメリットまとめ

産毛に効くレーザー脱毛器は?

産毛を脱毛するなら効果的なレーザー脱毛器を導入しているクリニックを利用したいですよね。

どんなレーザー脱毛器が産毛に効くのか、おすすめのレーザー脱毛器を2つ紹介します。

ライトシェアデュエット

ライトシェアデュエットで使われているダイオードレーザーは、波長が810nmという長さでレーザー深達度とメラニン吸引率がよく、産毛脱毛に適したレーザー脱毛器です。

ライトシェアデュエットの最大の特徴が、吸引式のレーザー脱毛器という点です。

吸引式とは、レーザーを照射する前に瞬時に皮膚を吸い上げて、照射面と毛根までの距離を縮めるというもの。

照射面と毛根までの距離が近くなるため、より色素に反応しやすく、剛毛だけでなく産毛にもダメージを与えやすくなります。

吸引されると真空状態になるため、レーザー照射時の痛みも抑えられるという優れものです。

また照射ヘッドには大小の2種類があり、広範囲に生えている産毛も短時間で照射できます。

「濃い毛だけでなく産毛もしっかり脱毛したい」「全身など広い範囲を短時間で脱毛したい」という方におすすめのレーザー脱毛器です。

ソプラノアイスプラチナム

ソプラノアイスプラチナムは蓄熱式のレーザー脱毛器です。

弱いエネルギーで広範囲をくまなく照射していくので、痛みが少なくなっています。

従来の脱毛器だと「ピッピッ」と一か所ずつ照射していましたが、ソプラノアイスプラチナムは、マッサージするかのように皮膚の上を滑らせていくだけで照射できます。

ソプラノアイスプラチナムが産毛脱毛に適している理由は、一度に3つの深さの波長を出せるからです。

特殊なアタッチメントを使い、濃い毛だけでなく産毛までしっかり脱毛できます。

「医療レーザー脱毛を体験したいけど施術時の痛みが恐い」という方は、痛みの少ないソプラノアイスプラチナムがおすすめです。

産毛脱毛するなら最適なレーザー脱毛器のクリニックを利用しよう!

医療レーザー脱毛の効果が高いというのは知っていても、レーザー脱毛器によって効果が違うというのは知らない方が多かったのではないでしょうか。

今回紹介したように、産毛脱毛をするなら「ライトシェアデュエット」と「ソプラノアイスプラチナム」というレーザー脱毛器がおすすめです。

クリニック選びをする際は、クリニックのホームページにレーザー脱毛器が紹介されているので、どの脱毛器を使用しているのか参考にしてみましょう。

背中やお腹、うなじなど、広範囲に生えている産毛を脱毛すると、自己処理から楽になるだけでなく、さらに美肌が際立ちますよ。

産毛脱毛を考えている方は、クリニック選びでレーザー脱毛器もチェックしてみてくださいね。