Full Epi

黒ずみや色素沈着があっても医療脱毛できる?脱毛しながら黒ずみを改善!

医療脱毛のレーザーは、メラニン色素(毛根や、肌の黒い部分)に反応して毛根にダメージを与えて、毛を生やす組織を破壊します。

そのため、黒ずみや色素沈着がある肌にもレーザーが当たってしまい、やけどをしてしまう恐れがあるので、色素の濃い部分は脱毛できないこともありましたが、それはもはや昔の話となってきました。

最新医療脱毛機器の蓄熱式脱毛レーザーを使えば、黒ずみや色素沈着があっても難なく脱毛できる時代になったのです。

さらに、蓄熱式脱毛レーザーは、従来できないことの多かった色黒肌や日焼け肌の施術も可能にしています。

今回は、黒ずみや色素沈着の悩みを抱えている人へ、最新の医療脱毛を解説するとともに脱毛しながら黒ずみを改善していく方法をご紹介します。

蓄熱式脱毛レーザーなら黒ずみや色素沈着があっても施術が可能

今、医療脱毛で注目を集めているのが、「蓄熱式脱毛レーザー」を使用した脱毛です。

「蓄熱式脱毛レーザー」は、従来の単発式脱毛レーザーと違い、黒ずみや色素沈着のある人、または色黒の人や日焼けをした肌の人でも施術ができます。

さらに、強い熱を使わないため痛みがほとんどなく、施術時間が早いというメリットもあるのです。

蓄熱式脱毛レーザーで施術できる脱毛機器は、

ソプラノアイス
メディオスターNeXT

この2つです。

それぞれの特徴をご紹介します。

ソプラノアイス

ソプラノアイスの特徴は、以下の通りです。

  • 黒ずみ・色素沈着があっても脱毛できる
  • 痛みの少ない脱毛ができる
  • 「3波長同時照射」で施術時間が早い

なぜ黒ずみや色素沈着があっても脱毛できるのでしょうか。

ソプラノアイスはメラニン色素ではなく、毛根の手前にあるバルジ領域(毛を作る部分)毛包(毛根を包む組織)をターゲットにレーザーを当てていきます。

そのため、毛の部分にのみレーザーが当てられ、色素沈着や黒ずみがある肌には反応せず、やけどをする恐れもないというわけです。

毛を作る役割がある「バルジ領域」や「毛包」は、60度ほどの弱いレーザーをじわじわと加えるだけで、毛の成長を止めることができます。

強い熱を当てることがなくなるので、今までの単発式レーザーで感じていた「バチンッと弾かれたような激しい痛み」が発生しにくく、痛みに弱い人でも安心して脱毛ができるようになったのです。

また、ソプラノアイスは、これらを一度に照射して毛を撃退できる、「3波長同時照射」ができます。

浅い層にある産毛⇒755nm(産毛に効果的)
中間層の毛⇒7808nm(中間層の毛に効果的)
奥深くにある剛毛な毛⇒1064 nm(濃い毛に効果的)

そのため、薄い毛から濃い毛まで一気に施術することが可能になりました。

さらに冷却と照射を同時にできるヘッドで、肌をすべらせるようにレーザーを当てられるので施術時間が圧倒的に短くなっています。

メディオスターNeXT

メディオスターNeXTの特徴は、この3つです。

  • 黒ずみ・色素沈着があっても脱毛できる
  • 痛みの少ない脱毛ができる
  • 「2波長同時照射」で施術時間が早い

特徴は、ソプラノアイスと比べてほとんど差はありません。

両者の違いは、「2波長同時照射」か、「3波長同時照射」かという点です。

メディオスターNeXTは、

808nm(中間層の毛に効果的)
940 nm(濃い毛に効果的)

この2つの波長をブレンドして同時に照射することができます。

産毛や濃い毛など、種類に合わせてレーザーを当てなおさなくていいため、従来よりも施術時間が大幅に短縮できます。

両者とも似た波長範囲ですが、ソプラノアイスの方が「浅い層にある産毛」から「深く濃い毛」まで、幅広く対応できます。

産毛の脱毛VIO脱毛にこだわらない人は、メディオスターNeXTでも十分な脱毛効果を得ることができるでしょう。

逆に、細かな産毛から剛毛な毛までをすべて脱毛したい人は、波長の幅が広いソプラノアイスを選ぶと、より完璧な脱毛効果が期待できます。

医療脱毛で黒ずみや色素沈着が改善されるってホント?

結果から言うと、医療脱毛に通ったからといって、黒ずみや色素沈着が完全になくなることはありません

しかし、少しずつ改善することは可能です。

そもそも肌の黒ずみは、シェーバーや毛抜きなどによる「自己処理」や、下着の擦れなどが原因で起こります。

なぜ医療脱毛したら、黒ずみや色素沈着がなくなると言われているのでしょうか。

それは、脱毛すれば肌に直接刺激を与えるシェービングや毛抜きをすることがなくなるからです。

肌に負担がかかる自己処理がなくなると、肌のターンオーバーで自然と黒ずみや色素沈着が改善されていくというわけです。

しかし、自己処理しなくなると自動的に黒ずみがなくなるわけではありません。

黒ずみや色素沈着を薄くするためには、ご自身で肌を保湿するなどのセルフケアも重要になってきます。

脱毛することと、セルフケアを入念にすることで、気長に根気よく改善に導いていくことが必要なのです。

保湿をすると脱毛効果がUP!全身脱毛を早く終わらせるためにできること

蓄熱式脱毛レーザーを取り扱っているクリニック

現在、ソプラノアイスとメディオスターNeXTを取り扱っているのは、レジーナクリニックリゼクリニックです。

2つのクリニックそれぞれの脱毛方法と、全身脱毛の料金プランをご紹介します。

レジーナクリニック

レジーナクリニックでは、ソプラノアイスが導入されています。

(ただし、院により、まだ導入されていないところもあるのでカウンセリング時に確認することをおすすめします。)

レジーナクリニックの脱毛方法

医療脱毛では通常、ツルツル肌になるまで1年〜1年半ほどの時間がかかります。

しかし、レジーナクリニックでは最短8ヶ月で完了できるのです。

その理由は、ソプラノアイスを導入していることや、施術の時間短縮によって予約がとりやすいことが挙げられます。

レジーナクリニックは、全身脱毛を早く終わらせたいという人におすすめです。

レジーナクリニックの全身脱毛料金プラン

レジーナクリニックは、全身脱毛5回コース(顔・首前面・VIOラインを除く全26箇所)で、それぞれ3つのプランがあります。

プラン 部位 総額
全身脱毛ライト 顔とVIO除く 189,000円
全身脱毛ゴールド 顔除く 273,000円
全身脱毛プラチ 顔とVIO含む 369,000円

リゼクリニック

リゼクリニックは、メディオスターNeXTをはじめとする3種類の脱毛機器が導入されています。

リゼクリニックの脱毛方法

リゼクリニックは、メディオスターNeXTのほかに「ライトシェア・デュエット」「ジェントルYAG」という脱毛機器が使用されています。

最新機器であるメディオスターNeXTを指定したいところですが、人それぞれの肌質や毛質によって合わない可能性があるので、自由に脱毛機器を指定することはできません。

一人一人に合わせた最適な脱毛機器を医師が選ぶので、リスクを極限まで軽減し、高い効果を得られるのがリゼクリニックの特徴です。

また、痛みにとことん弱い方へのサポートがたくさんあり、「笑気麻酔」や「麻酔クリーム」など、痛みへの対策が万全です。

医師と看護師のWカウンセリングも受けられるので安心感があります。

リゼクリニックの全身脱毛料金プラン
リゼクリニックは、以下のような全身脱毛5回コースがあります。
コース 回数 総額
全身脱毛 5回 298,000円
全身+VIO脱毛 5回 358,000円
全身+顔脱毛 5回 358,000円
全身+VIO+顔脱毛 5回 398,000円
わがまま全身脱毛 5回 198,000円

このように、通常5回コースのほか、全身23部位の中から5部位を自由に選べるオーダーメイドプランである「わがまま全身脱毛コース」があります。

全身脱毛したい部位を選べる医療脱毛クリニックはここ!

医療脱毛と自身のセルフケアで黒ずみや色素沈着を改善しよう

肌の黒ずみや色素沈着があっても、医療脱毛の「蓄熱式脱毛レーザー」なら脱毛が可能です。

今後、医療脱毛を考えている人は、ソプラノアイスやメディオスターNeXTのような脱毛機器にも着目して、クリニックを選んでみてください。

ただ、医療脱毛をしたからといって、必ず黒ずみがなくなるとは限りません。

脱毛後は、肌のターンオーバーを円滑にしていくために、しっかり保湿をして睡眠をとるなど、自身のセルフケアが欠かせない要素となってきます。

脱毛+セルフケアで、本来の明るいお肌を取り戻していきましょう。