Full Epi

医療脱毛には副作用や後遺症はある?気になる体への影響を事前にチェック

医療脱毛の後遺症についての解説ページ用のアイキャッチ画像

安全性が高いといわれている医療レーザー脱毛で全身脱毛をする人が増えてきていますが、健康面への影響は全くないのでしょうか?

皮膚にレーザーを当てるということで癌のリスクを心配している人も多いと思います。

今回は医療脱毛が体に及ぼす影響や後遺症、医療レーザー脱毛を控えたほうがいい人などについて紹介していきます。

医療脱毛は安全だって聞いたけど、副作用や後遺症はないの?

医療脱毛は、パワーが強いレーザーを毛根組織に照射する方法ですが、1回あたりの照射時間は短く脱毛完了までの施術回数が少ないため、効率的で安全な脱毛方法だといわれています。

ですが、安全性が高いといわれているレーザー脱毛であっても、施術後には副作用や後遺症と捉えることができる症状が現れることがありますので、100%安全な施術だとは言い切れません。

レーザーそのものが体に悪いのではありませんが、場合によっては以下のような体への影響が現れることがあります。

毛嚢炎(もうのうえん)

一見ニキビのようですが、ニキビとは異なったできものに毛嚢炎という種類があり、額や鼻、ワキ、背中、VIOラインなど皮脂分泌量が多い部分に毛嚢炎が特に起こりやすいと言われています。

毛嚢炎はレーザーによってお肌のバリア機能が一時的に破壊され毛穴から殺菌が入り込むことによって起こり、そのレベルは人によって異なり、軽い炎症レベルですぐに治まる方もいれば、炎症が悪化してしまう方もいます。

レーザーの照射後に白いポツポツとしたニキビのようなできものができたらひとまず毛嚢炎を疑う必要がありますので、レーザー脱毛を受けたクリニックに相談し、軟膏などの処方を受けてみると良いでしょう。

やけど

医療脱毛を受けた人の殆どは術後の肌に赤みと多少の痛みを伴います。

この状態はレーザーの照射から1週間以内には鎮まりますが、いつまでも赤みや医療脱毛の痛みが引かないのであれば、照射中にやけどを負った可能性が考えられます。

熟練した医師や看護師であれば、脱毛を受ける方のお肌の状態によってレーザーの出力数を調節しながら照射を行いますので、やけどを負う心配はありませんが、未熟な医師や看護師がレーザーを照射した場合では、出力数をうまく調節することができないことがあり、これがやけどの原因になります。

レーザー脱毛の失敗例として最も多く挙げられているのがやけどですので、レーザー脱毛を受けるのであれば、必ず熟練度が高い医師や看護師が常勤しているクリニックを選びましょう。

硬毛化、増毛化

レーザー脱毛で抜け落ちなかった毛が太く硬くなる状態は硬毛化、毛の本数自体が増える状態は増毛化と呼ばれています。

レーザー脱毛後に何故このような現象が起こるのか、そのはっきりとした原因については不明です、うなじや背中など、身体の中でもムダ毛が細くて色素が薄い部分に起こりやすいと考えれています。

万が一これらの状態が起こった場合には、再照射することで改善される場合がありますので、脱毛を受けた美容院に相談して適切な処置を受けると良いでしょう。

医療脱毛のトラブルをもっと知りたい人向け

医療脱毛に関する思わぬトラブルについては下記のページで詳しく解説をしているので気になる人はこちらからチェックしてみて下さい。

医療脱毛だからって安心できない?思わぬトラブルとは

医療脱毛ってがんのリスクは大丈夫?

レーザーが皮膚を透過するということは、皮下組織に悪い影響を及ぼして皮膚がんのリスクが高まるのでは?と心配している方がいるようですが、皮膚がんは紫外線の影響を受けて発症する病気であるため、医療レーザー脱毛器の照射で発症する心配はありません。

また、レーザーが届くのは毛根組織までですので、内臓や血管に届いて健康被害が起こる心配もありません。

医療脱毛をしないほうがいいのはこんな人!

レーザー脱毛は100%安全とは言い切れない脱毛方法であるため、以下に該当する方は、ひとまず施術を見送りましょう。

妊娠しているまたはその可能性がある人

レーザーの照射そのものが母体や胎児に影響を及ぼすことはありませんが、妊娠中にはいち体調が急変してもおかしくありませんので、皮膚が刺激を受けるレーザー脱毛は避ける必要があります。

たとえば、ジェルを使用するタイプのマシンを使用する場合では、ひんやりとしたジェルでお腹が冷えて、急な下痢や子宮の収縮などのリスクが高まります。

また、レーザー照射の際には神経が刺激を受けますので、これに対して子宮が反応すると、収縮が起こるリスクも高まります。

そしてもうひとつ、妊娠中にはホルモンバランスの乱れに伴って毛周期も乱れ、脱毛効果が現れにくいという点も見逃すことができません。

医療脱毛を受けるのであれば、ひとまず無事に出産を終えて、ホルモンバランスが整うまで待ちましょう。

薬を服用中の人

風邪薬やピル、抗生剤、抗ヒスタミン剤、抗不安薬などを服用している方は、医療脱毛を受けるられないことがあります。

これらの薬に含まれている成分がレーザーに反応を示し、施術後に炎症が起こる可能性が高くなることがあるからです。

ただし、薬はすべてダメということではありませんので、なんらかの薬を服用している方は、ひとまずクリニックに相談して、医療脱毛の可否について確認してみると良いでしょう。

医療脱毛は信頼性が高いクリニックで受けましょう

安全性が高いといわれている医療脱毛であっても、100%安全かというと、そのようなことはありません。

ですが、熟練度が高い医師や看護師に任せることができれば、リスクはかなり軽減されます。

医療脱毛は、できる限り信頼性が高いクリニックで受けることをおすすめします。